ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

石川遼が2連覇「納得する形で日本一になって世界に」/日神カップ千葉オープン

◇ツアー外競技◇日神カップ千葉オープン 最終日(11日)◇平川カントリークラブ(千葉)◇7206yd(パー72)

2日間のツアー外競技「千葉オープン」で石川遼が通算7アンダーで並んだ木下裕太とプレーオフに突入。3ホール目でバーディを奪って2連覇を飾った。石川は初日「64」でプレーし、後続に5打差つけてスタートしたが、最終日を3バーディ、4ボギーの「73」と失速した。

18番(パー4)で行われたプレーオフ2ホール目、石川は左ラフから打った2打目がグリーンを外しピンチとなるが、残り45ydの3打目をベタピンさせてパーセーブ。ピン位置を切りなおして行われた3ホール目で2打目が乗らずパーパットを残した木下に対し、石川はピン奥残り4mのバーディパットを沈めて終止符を打った。

初日と最終日で9打差のスコアになったことに「結果的に技術の部分ではあるが、下手になったわけではない。必ず自分が勝たなきゃいけないとプレッシャーを与えていたが、序盤は負けちゃうかも、と信じきれず消極的なプレーになった。集中はしているが、ゾーンに入り切れていない、こういった部分を解消していきたい」と振り返った。

今季の目標を問われると「世界に行くためにも、自分が納得する形で日本一になりたい。賞金ランキングが2位や3位だったら自分は納得しないし、1位でも他の選手のほうがうまいと思ったらダメだと思う。自分が日本で一番うまいんだと思えるようにしたい」と目指すは頂点のみであることを強調した。

今週は米ツアーのメジャー大会「マスターズ」が開幕する。「見るのも好きだけどやはり出たい。(来年のマスターズ出場は)目標ですね。お世話になったキャディやスタッフから『遼はどこにいった?』と言われていることを聞く。もっと頑張らないと」と意気込んだ。

4月13日(土)から2日間で行われるツアー外競技「岐阜オープンクラシック」(各務原カントリー倶楽部)に出場し、次週の国内ツアー「東建ホームメイトカップ」(東建多度カントリークラブ・名古屋)を迎える。(千葉県千葉市/石井操)

<主な上位選手>
優勝/-7/石川遼
2/-7/木下裕太
3T/-2/荒井雅彦、木村友栄、大槻智春井上信
7T/-1/木下稜介市原弘大小林正則稲森佑貴 ほか
14T/0/秋吉翔太深堀圭一郎大岩龍一 ほか

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。