ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 マスターズ
期間:04/11〜04/14 オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

“池ポチャ”フィアンセ「また来年も」 パー3コンテストに今平&小平

◇メジャー第1戦◇マスターズ 事前情報(10日)◇オーガスタナショナルGC(ジョージア州)7475yd(パー72)

開幕前日恒例の「パー3コンテスト」。日本勢では、小平智今平周吾が参加した。それぞれ古閑美保夫人、婚約者の若松菜々恵さんがキャディとしてサポート。初出場の今平は「緊張しました。人が多かったので。結構楽しかったです」とオーガスタのイベントを満喫して翌日のティオフに備えた。

最悪の一日を回避

午前中の練習ラウンドを終えた後、2人は本コースの隣にあるパー3コースを同じ組で回った。昨年に続く出場となった小平は、今年も美保夫人が最終9番でティショットを披露した。ピンまでは113yd。「ちょっと力んだ」という8Iでの一打はグリーン右手前のラフに落ち、“寄せワン”で見事パーをセーブ。小平は「メチャクチャ悔しそうでした。パーが救い。ボギーだったらきょうは最悪な一日になっていた」と、ほっと一安心の締めくくりを喜んだ。

今平は菜々恵さんが中部学院大ゴルフ部に在籍していた当時に知り合い、交際に発展した。日本ツアーでかつてキャディに起用したフィアンセも、同じ9番で第1打(7I)を放ったが、こちらは惜しくもグリーン左手前に“池ポチャ”。「クラブが重い割にイイ感じで打てたと思ったんですけど、池に入っちゃいました」と残念がった。

とはいえ、その様子を見ていた今平からすれば「もっとミスするかと思っていたんですけど、良いショットだったんでビックリしました。“90点”くらいじゃないですか。ちゃんと当たってくれ…と思っていました」と良い意味で驚く結果に。菜々恵さんの「来年、また行けたらいいなって思います。挑戦したいです」という言葉もぐっと飲みこんだ。

コンテスト100回目のエース

パー3コンテストは1958年に当地に造られた専用コースで60年から開催され、今年もジャック・ニクラスゲーリー・プレーヤーらマスターズの歴代王者が参加した。バッバ・ワトソンマルティン・カイマー(ドイツ)、アマチュアの19歳デボン・ブリングマット・ウォレス(イングランド)がホールインワンを達成した。

ウォレスのエースはイベント通算100回目となる節目の一打に。5アンダーで並んだサンディ・ライルと並んでトップで終え、プレーオフを制して優勝した。

なお、マスターズにはコンテストの優勝者が同年に本戦で勝ったケースは一度もないという逸話がいまも続いている。(ジョージア州オーガスタ/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
プレジデンツカップ中継をGDOで連日無料放送 GOLFTV
GDOでは初日から最終日の4日間、試合開始から午前11時(日本時間)まで、GOLFTVによるライブ中継を無料で配信します。2年に1度の熱戦をお見逃しなく!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。