ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

復調のきっかけは移動バスに…小木曽喬が優勝/フューチャーツアー

20人の男子プロが出場した「良和ハウス Presents フューチャーGOLFツアー 広島ピースカップ」は9日(土)、広島県の鷹の巣ゴルフクラブ(6755yd/パー72)で18ホールの本戦を行い、「65」で回った小木曽喬が7アンダーで優勝。賞金100万円を手にした。

石川遼が相撲の地方巡業をモデルに発案したフューチャーツアーは、昨年12月の埼玉大会以来の実施となった。岡山&広島大会は昨年7月に予定されていたが、豪雨災害の影響で延期。「必ず戻ってきます」という石川の宣言通り、約8カ月遅れて開催にこぎつけた。7日(木)に岡山、8日(金)に広島でプロアマ戦を行い、この日の本戦を迎えた。

21歳の小木曽は、バーディを10個(1ボギー、1ダブルボギー)量産した。「岡山のプロアマのときはすごく調子が悪かった」という状態が好転したのは翌日のこと。普段のツアー期間中とは違い、同大会は集団行動が基本。プロが1台のバスに乗って一緒に移動する。8日の朝、通路をまたいで隣の席に座った星野陸也との会話の中で、ヒントを見つけたという。

「陸也は『ヒジから下(腕と手)は使わない』と言っていた。僕は結構、手首を使って打つタイプ。あまり手首を使わずにやるイメージでやったらすごく良くなった。ショットから、アプローチ…特にパターが良くなった」と同学年のプレーヤーに感謝した。

2014年に17歳で「日本アマチュア選手権」を制し、15年末にプロ転向。昨年賞金ランキング80位に終わった小木曽は今季、QTランク30位の資格からレギュラーツアーへの定着を狙う。「今年の目標はシード獲得ですけど。優勝争いをしたい。最終組に近いところで最終日を迎えられるようにしたい」と、小さな1勝をきっかけにしたい。

〈最終成績〉
優勝/-7/小木曽喬
2/-5/重永亜斗夢
3/-4/額賀辰徳
4/-3/時松隆光
5T/-2/河野祐輝木下稜介
7T/-1/中里光之介狩俣昇平平本穏稲森佑貴
11T/0/小鯛竜也星野陸也
13T/+1/大堀裕次郎出水田大二郎、高花翔太、池村寛世
17T/+2/中西直人竹安俊也
19/+4/石川遼
20/+5/香妻陣一朗

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「GDOゴルフニュース速報アプリ」でログインしてレアグッズが当たるプレゼントキャンペーンを実施中!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。