ニュース

国内男子SMBCシンガポールオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 SMBCシンガポールオープン
期間:01/17〜01/20 セントーサゴルフクラブ(シンガポール)

ハワイから強行軍 副会長・今平周吾はプロアマ戦にも登場

◇国内男子&アジアンツアー◇SMBCシンガポールオープン 事前情報(16日)◇セントーサゴルフクラブ (シンガポール)◇7403yd(パー71)

前週の米ツアー「ソニーオープンinハワイ」に出場した日本勢7人のうち、今平周吾池田勇太稲森佑貴星野陸也の4人がシンガポールでの日本ツアー開幕戦に出場する。長距離移動を強いられたが、それぞれ疲れを見せることなく急ピッチで調整に励んだ。

14日(月)の午前11時にハワイをたち、成田を経由して16日(水)の深夜3時にホテルに到着したというのは、日本勢最上位の通算8アンダー33位で終えた今平周吾だ。「疲れているんでしょうけど、あんまり感じない」と、1時間ばかりの睡眠で朝6時にコース入った。ツアーのルールでプロアマ戦への出場は断ることもできたはずだが「間に合うし、(選手会)副会長なのでそういうのはちゃんとやった方がいい」と強行出場した。

今月8日にマスターズへの出場が決まったが「できれば世界ランク50位以内に入ってマスターズに出たい」という目標は変わらない。週末に残れば、2017年マスターズ覇者のセルヒオ・ガルシア(スペイン)との同組もあり得るが、「なかなかそういう選手と回る機会はないので回ってみたい」と優勝争いは望むところだ。テレビで見たガルシアのマスターズ優勝の印象はただ一言「強かった」。今週は「一日一日大事に。優勝を狙っていきたい」とはにかんだ。

同じくこの日未明にシンガポールに入った星野は「飛行機の中で考えて調整したんですけど、全然寝られなくて。でも朝8時に普通に目が覚めて意外と元気です」とコースを数ホール回ってチェックした。1年ぶりのシンガポールに「最高です。このコース大好きなんで」と大粒の汗をぬぐいながら笑顔を見せる。前年大会は予選落ちしたが、2年前の最終日にはベストスコア「67」をマークし、通算7アンダー6位で終えた思い入れのある大会だ。「ソニーオープンは予選通過が目標だったのでそれはまずクリアできた。今週は優勝争いがしたい」と目標を一つずつ上げる。

長時間移動に「おしりが痛かったです」と笑うのは稲森だ。「飛行機で寝すぎてしまって、あまり寝られてないです。でも目覚めが悪い感じではなかったです」と、こちらも疲れは感じさせない。この開幕前日はショットとパターを軽めに調整してホテルに帰って休むという。「練習ラウンドができなかったので、ぶっつけ本番みたいな感じにはなってしまいますが、一応(コースは)知ってはいるのでまだ大丈夫かな」とあすにそなえる。(シンガポール・セントーサ/柴田雄平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 SMBCシンガポールオープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2019年 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年にお伝えしたさまざまなニュースの中から、もっとも読まれた記事を厳選。 歴史的快挙が続いた1年間をランキング形式で振り返ります。1位に輝いたニュースは…?

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。