ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

日米共催「ZOZOチャンピオンシップ」は賞金額の50%をランキング加算

2018/12/20 15:59

日本ゴルフツアー機構(JGTO)は20日(木)、都内で会見を行い、2019年に新規開催される国内ツアーと米ツアー(PGAツアー)の共催競技「ZOZOチャンピオンシップ」(10月24日開幕・習志野カントリークラブ)の出場資格について明らかにした。獲得賞金額の半分が日本の賞金ランキングに反映されることが決まった。

大会は78人が出場し、予選落ちのない4日間72ホールのストロークプレーで行われる。米ツアーから前シーズンのフェデックスカップポイントランキング上位60人がエントリー。日本ツアーからは同年の「ブリヂストンオープン」の上位3人と、開幕戦から同大会までの賞金ランキング上位7人が出場権を手にする。「ブリヂストンオープン」で2位、3位に複数人が入った場合は、同ランキングで優先順位を決める。ほかに8人の推薦出場枠を設けている。

獲得賞金の半分が国内ツアーの賞金ランキングに加算される。大会の賞金総額は975万ドル(約11億円)で、優勝賞金は175万ドル(約2億円)。賞金王となった今平周吾の今季賞金額は約1億3911万円だった。日本ツアーの選手が優勝した場合、シーズン終盤戦を残してマネーキングが決まる可能性が高まることから、バランスをとった格好だ。

JGTOの宇治重喜理事は「加算率はフェデレーション(世界ツアー)のメンバーとして、PGAツアーとアジアンツアーの(共催試合の)加算率を目安に50%と決めた。グローバルスタンダードに照らし合わせた。ゼロ(加算しない)という意見、全額という意見もあった。最終的には50%になった」と説明した。

1983年「ハワイアンオープン」で日本人選手として初めてPGAツアーを制した青木功JGTO会長も「私が勝った時は5万ドルだった。そう考えると(米ツアーの賞金は)高くなっている。ゴルフのブームができた時代の流れ。それだけの魅力がある。ただし世界各国、東南アジアなどとの“つり合い”の中でもやっていかないといけない」と理解を示した。(編集部・桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。