ニュース

国内男子ゴルフ日本シリーズJTカップの最新ゴルフニュースをお届け

難関18番で初めてのバーディ 小平智が感じる日米の差

2018/11/29 18:17


◇国内男子メジャー◇ゴルフ日本シリーズJTカップ 初日(29日)◇東京よみうりカントリークラブ(東京)◇7023yd(パー70)

小平智は6バーディ、2ボギーの「66」でプレーし、4アンダーで2位発進した。石川遼と同組でのラウンドに「落ち着いてできたし、話しながらリラックスしてできた」と5番、6番(パー5)でバーディを先行させた。後半も2つのボギーをたたいたが、いずれもすぐにバウンスバックした。

<< 下に続く >>

傾斜がきついグリーンが名物の難関・最終18番(パー3)では、「完ぺきな球だった。遼がいいイメージで打ってくれたので、気持ち良く打てました」と3Iでピンの根元を刺し、左上1.5mにつけた。上からのパットを打つ前に「ダボかバーディだと思った」。傾斜を消すために強気に打ち込み、「入ってなかったらティグラウンドまで戻っていた」と笑いを誘った。「6年間で初めて」というバーディで締め、満足げな表情を浮かべた。

6年連続6回目の出場となる小平だが、「今まで出た中で一番グリーンの状態がいい」とコースの仕上がりの良さを実感する。「いいショットを打てばちゃんと止まるし、悪いショットだと奥に行っちゃったりする」と前置きし、「アメリカでこのくらいのセッティングだったら、8アンダーとか9アンダーとかを出してくる選手はいる。そういう意味ではもうちょっと伸ばせたかなと思う」と振り返る。

今季は米ツアーを主戦場にしてきた小平。「自分のゴルフ的には日本だったら優勝争いしているくらいの感じでも、向こうだと30~40位くらい。そういう時に“自分の調子が悪い”と錯覚したくない」と日本との差を強調する。

「あしたもリラックスして回りたい。ショットは最近ずっといい。あとはアプローチとパターがかみ合えば、あしたからも自分に期待できるかな」。米国での経験を糧に“さすが”と言われる勝利をつかみたい。(東京都稲城市/柴田雄平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 ゴルフ日本シリーズJTカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
`2020年 ニュースランキング
2020年上半期にお届けしたさまざまなニュースの中から、もっとも読まれた記事を厳選。未曾有の事態に直面した半年間を、ランキング形式で振り返ります。1位に輝いたニュースは…?

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!