ニュース

国内男子カシオワールドオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

手嶋多一が22年連続で守った賞金シード喪失 新たな“現役最長”は?

◇国内男子◇カシオワールドオープンゴルフトーナメント 2日目(23日)◇Kochi黒潮カントリークラブ(高知)◇7315yd(パー72)

ツアー通算8勝の手嶋多一が、現役最長の22年連続で確保していた賞金シードを失った。賞金ランキング88位で迎えた今大会は通算4オーバー68位タイで予選落ち。ランク65位(出場義務試合数に達していない選手を除く)までに入れなかった。来季は14年の国内メジャー「日本プロ選手権」で得た5年シードの権利でプレーする。

<< 下に続く >>

今シーズンはトップ10入りなし。「ダンロップ・スリクソン福島オープン」、「マイナビABC選手権」での15位タイが最高位だった。「なかなか、うまくいかなかった一年。前半にしっかり稼げず、予選を通っても下の方だった」。記録が途切れたことについては「もう十分ですよ。26歳から50歳まで来たんですから。それに来年もおかげさまでまだ出られる」と淡々と気持ちを切り替えた。

来年はシニアツアーへのスポット参戦も考えつつ、まずはレギュラーツアーにこだわるつもり。「世代交代もある。飛距離やパワーの衰えは感じるようになった。それを補う何かが必要」と思案する。今季最後のラウンドは強風が吹き荒れた。「自分は雑にやっているなと思った。もうちょっと丁寧にやるのもテーマのひとつだと思った」と前向きに課題を口にした。

ランク71位にいる46歳の宮本勝昌も6オーバーで予選落ちし、18年連続で確保していた同シードを喪失した。19年は昨年の「ダンロップ・スリクソン福島オープン」優勝による2年シードを活用することになる。「残念ですね。今はまだ終わったばかりなので、(来年のプランは)特に決まっていない」と話した。

手嶋が賞金シードを失ったことで、谷口徹片山晋呉藤田寛之の3人が来季、新たな現役最長となる22年連続の同権利保持者となる。(高知県芸西村/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 カシオワールドオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!