ニュース

国内女子大王製紙エリエールレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

李知姫がツアー記録となる18年連続のシード権

2018/11/20 17:14


◇国内女子◇大王製紙エリエールレディスオープン 最終日(18日)◇エリエールGC松山(愛媛県)◇6525yd(パー72)

李知姫(韓国)が賞金ランク18位で2001年から18年連続でシード権(同ランク50位以内)を獲得した。不動裕理服部道子肥後かおりの17年連続(複数年と永久シードを除く)を更新するツアー記録となった。

<< 下に続く >>

「もっと長い人がいると思っていました。意外です。18年も続いているんだなと。褒めてあげたいですよね」と笑った。今季は28試合に出場し、優勝こそないものの、10度のトップ10を記録するなど、安定した成績を残した。

女子ツアーの歴史に名前を刻んだ39歳だが、最大のピンチだったと振り返ったのが2004年だ。「大王製紙エリエールレディスオープン」で予選落ちを喫し「シードを落ちたと思って、周りに人がたくさんいたけど大泣きしました。それは今でもよく覚えています」。最終予選会(ファイナルQT)出場に向けて、ホールアウト後にも練習。結果として44位でシードを得たのは、今となってはいい思い出だ。

プロスポーツ選手として活躍するのに欠かせないのが、モチベーションの管理。「私は気持ちの切り替えが下手です。だから余計に気を使っています。最近は“飲むしかない”と赤ワインを結構、飲むようになりました」。イ・ボミら韓国勢の後輩からは“オンニ(お姉さん)”として慕われている。

479試合に出場し、獲得金額は1位の不動裕理(約13億6300万円)に迫る2位の約11億5000万円。22勝をあげて、ツアー通算30勝で得られる永久シードにも期待が集まるが「でも、あと8勝がなかなか遠くて」と渋い表情を見せた。

「3年ぐらい前から、もう何年もできないと思っている。気持ちがどう変化するかわからないが、モチベーションとか下がったら、引退かもしれない」。40歳で迎える2019年シーズン。世代交代の波が訪れる女子ツアーでもベテランの意地を見せる。(愛媛県松山市/玉木充)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 大王製紙エリエールレディスオープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!1月のマンスリーゲストには井上りこ選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!