ニュース

国内男子日本オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

キャディバッグにパター2本 アダム・スコットが挑む4度目の日本オープン

◇国内メジャー◇日本オープンゴルフ選手権競技 事前情報(10日)◇横浜カントリークラブ(神奈川)◇7257yd(パー71)

7月の「全英オープン」で17位タイ、8月の「全米プロ」で3位と、今季終盤のメジャー大会で好成績を収めてきたアダム・スコット(オーストラリア)は、4度目の「日本オープン」を前に、「調子も上向きなので、チャンスがあればぜひ勝ちたい」と自信をみせた。

<< 下に続く >>

過去3度の挑戦は、16年:予選落ち(狭山)、15年:7位(六甲国際)、14年:38位(梅郷)と、優勝争いに絡むことはできていない。それでも、スコットがプレーをすれば、練習日でも大勢のファンが付いて歩いて声援を送る。「ファンに返せるという意味でも勝ちたい」と、いやがおうにもモチベーションは高まっている。

舞台となる横浜CC(大会では西16ホール、東2ホールを使用)は、2016年にベン・クレンショウとビル・クーアによる自然回帰をテーマとした改修を終え、1グリーンの近代的なコースに生まれ変わった。「制限が少なく、僕にとっては慣れたスタイルのゴルフコース。日本でプレーしたコースは多くないけど、お気に入りのコースだね」と、フェアウェイは広めで、グリーンに向けてターゲットが絞られていくコース設計を歓迎した。

「アイアンが非常に大事になってくる」とスコットはいう。グリーン周りが刈りこまれ、アンジュレーションの多いグリーンの、ピンが切られた面に載せていくことでバーディチャンスが生まれてくる。優勝スコアは「最低でも10アンダー」と見積もった。

仕上げとなるパッティングに、スコットは独自の戦略を採用している。「全英オープン」からキャディバッグには、スコッティキャメロンの長尺(コンビ・センターシャフト)と短尺(タイムレス・プロトタイプもしくはスクエアバック・プロトタイプ)の2本のパターを入れており、今週もその作戦を踏襲する。

予選ラウンドは星野陸也とアマチュアの中島啓太(代々木高3年)が同組となった。「有望な若手と一緒にプレーできるので楽しみです」とスコットはいう。一方の中島は「きょう、寝られるかわからないです」と興奮を隠せなかった。(神奈川県横浜市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 日本オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!