ニュース

国内男子トップ杯東海クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

「プロとして失格」ジャンボ尾崎は3カ月半ぶり出場も予選落ち

2018/09/28 17:20


◇国内男子◇トップ杯東海クラシック 2日目(28日)◇三好カントリー倶楽部 西コース(愛知)◇7330yd(パー72)

永久シード選手の“ジャンボ”こと尾崎将司は2日間で「81」、「80」をたたき、通算17オーバーの105位タイで予選落ちした。6月初旬の「日本ツアー選手権森ビル杯」以来、今季4試合目の登場となったが、自身のふがいないプレーを切り捨てた。

両日ともにバーディはひとつずつ。初日は前半13番(パー3)でチップインさせ、この日は5番(パー3)で10mのロングパットを決めた。「久しぶりに2ラウンド歩けた」と話したが、「自分のゴルフに感動がないよ。残念」と肩を落とす。「感動を人に与えられないとプロゴルファーとして失格だよ。“失格の尾崎”だ。そう書いておいてくれ」と落ち込んだ。

71歳で迎えた今季は4試合に出場し、予選落ちと途中棄権が2回ずつ。次の出場候補試合は3週後の「ブリヂストンオープン」(千葉・袖ヶ浦カンツリークラブ 袖ヶ浦コース)とみられるが、「まだ分からないな。しばらく反省して作戦を考えてくるよ」と言い残し、コースを後にした。(愛知県みよし市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 トップ杯東海クラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「GDOゴルフニュース速報アプリ」でログインしてレアグッズが当たるプレゼントキャンペーンを実施中!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。