ニュース

国内男子アジアパシフィック選手権ダイヤモンドカップゴルフの最新ゴルフニュースをお届け

5日前は北海道に 池田勇太が語る石川遼との番組出演

2018/09/21 19:48


◇国内男子&アジアンツアー共催◇アジアパシフィック ダイヤモンドカップ 2日目(21日)◇武蔵カントリークラブ・笹井コース(埼玉)◇7060yd(パー71)

22位から出た池田勇太が6バーディ、1ボギーの「66」で回り、首位と1打差の通算7アンダー2位に浮上した。難コンディションでこの日ベストスコアをマーク。前年覇者として迎えるはずだった前週「ANAオープン」は北海道地震の影響により中止になったが、戦いの舞台を埼玉県に移し、ツアー通算20勝目をかけて決勝ラウンドに入る。

雨風の強まった午後組で貫録を示した。前半9番に唯一のボギーをたたいた直後の10番では、4mを決めてバウンスバックし「流れを悪くしなかった」。ティショットを右の林に入れた12番では「スコアを出すには、こういうときに素早く判断することが大事」と、低い弾道でグリーン奥のカラーに運んでパーセーブ。その後の2つのバーディにつなげた。

その池田は5日前、大会中止になった会場の北海道ゴルフ倶楽部・輪厚コースにいた。中継する予定だった札幌テレビ放送が急遽内容を変更し、大会の歴史を振り返る特別番組を放送。16日(日)に池田は日帰りで当地を訪れ、都内のスタジオにいるジャパンゴルフツアー選手会長の石川遼とともに出演した。

当初は「急に決まった話で、遼も北海道に行きたいと言っていた」と、石川とともに北海道を訪れる予定もあったという。ただ、現地で余震などにより交通路が断たれた場合、18日(火)に組まれていたプロアマ戦に間に合わない恐れがあった。「僕らにとっては今週の大会だって同じように重要だ。何かあったときに2人で帰れないことが起こる可能性があった。遼も行きたがった。ただそこは、ツアーや大会と相談して、僕が帰れないときは(プロアマの)代役を立ててもらって、会長の遼は残ってもらうという判断になった」という。

コース近くで被害のあった場所にも訪れ「すぐそばに清田区の液状化の現場がある。やっぱりあの状況で、普通に大会を行ってプレーすることはできない」と現地の様子を説明した。2015年まで選手会長を務めた池田は「よく遼とも話をするけど、僕らには何ができるのか。プロゴルファーとして何ができるのか」と思いを巡らす。まずは、節目の優勝をファンに届けたい。(埼玉県狭山市/林洋平)

関連リンク

2018年 アジアパシフィック選手権ダイヤモンドカップゴルフ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~