ニュース

国内男子アジアパシフィック選手権ダイヤモンドカップゴルフの最新ゴルフニュースをお届け

悪天候に苦しみながら…片山晋呉は復帰後初の予選通過

2018/09/21 18:38


◇国内男子&アジアンツアー共催◇アジアパシフィック ダイヤモンドカップ 2日目(21日)◇武蔵カントリークラブ・笹井コース(埼玉)◇7060yd(パー71)

片山晋呉が通算2オーバー51位になり、8月のツアー復帰後、初の予選通過を決めた。「77」とスコアを崩し6位から順位を大きく後退させたが、初日の貯金を生かした。

<< 下に続く >>

雨に濡れながらホールアウトすると「やっぱり飛距離が出る人じゃないと厳しい」と苦笑い。深く粘り気のあるラフは、水分を含み重さを増した。他選手のスコアを確認すると、「伸ばした人もいるね。たぶん、ほとんどフェアウェイを外してないんじゃないかな」という。

ティショットを右ラフに外した最終9番(パー3)は、中央に切られたピン1mに寄せるアプローチ。「あれは良かった」という一打でパーを拾いカットライン上に踏みとどまった。午前組のため、18ホールを終えた時点で順位は変動的だったが、午後に雨風が強まり出し「たぶん大丈夫そうだね」と安堵した。

5月「日本ツアー選手権森ビル杯」のプロアマ戦で、同伴ゲストに不愉快な思いをさせたとしてツアー出場を自粛した。8月の「RIZAP KBCオーガスタ」でツアー復帰すると2試合連続の予選落ち。状態を戻すのに2カ月かかると覚悟したが、試合が中止になった前週に「基本的なことだけど、こういう練習をすれば試合でうまくいくかもということがあった」とコース内でも久々に思い出した感覚があったという。

今週の会場は、茨城・水城高2年時に関東ジュニアゴルフ選手権を優勝したコースで「30年近く前のこと。コースのことは覚えてなかったけど、初めて大きな大会に勝った」と思い出深い。3カ月半ぶりになる決勝ラウンドに「あしたまた天気が良くなれば」と話した。(埼玉県狭山市/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 アジアパシフィック選手権ダイヤモンドカップゴルフ




特集SPECIAL

ランキング
東京五輪や実力派アマチュアの登場など話題の多かった2021年下半期。上半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!