ニュース

国内男子中日クラウンズの最新ゴルフニュースをお届け

「ホントにいいネタに…」石川遼は2日連続ダボ締めでも“65”

2018/04/27 17:47


◇国内男子◇中日クラウンズ 2日目(27日)◇名古屋ゴルフクラブ 和合コース(愛知)◇6557yd(パー70)

1アンダー21位タイから出た石川遼が「65」で回り、通算6アンダーの5位タイに浮上した。初日に続き、最終18番で1Wショットを左サイドのバンカーに入れてダブルボギーをたたきながら、首位の今平周吾とは3打差。2016年の「KBCオーガスタ」以来となるツアー勝利に向け、好位置につけた。

悪くなりかけた流れは自分で引き戻す。石川は要所を締めて、リーダーボードを駆け上がった。序盤3番で、右ラフからの第2打をミスして唸り声を上げながら、7mを沈めてバーディ。13番(パー3)で1m強のパットを外してボギーとした直後、14番では手前ラフからウェッジでチップインバーディを決めた。「きのうよりスイングの安定感もあって、内容も良かったという手応えがある」と納得の8バーディ。2日連続でアンダーパーを記録した。

さらなる上昇を阻んだのは、前日と同じ18番。左サイドの深いバンカーからの2打目を、この日はフェアウェイに刻んだが、残り120ydのAWでの第3打をダフらせてグリーン左手前のバンカーに入れた。

1日前と同じように締めくくりは4オン2パット。「ティショットは良かったので仕方がない。そこから出すまでは想定内。3打目が大きなミスだった。(2打目の)バンカーショットの感覚が残ってしまっていた。勉強になりました。悔しい部分はありますけど、リセットしてあしたからスタートしたい」と、この日も笑顔のホールアウトとはいかなかった。

予選ラウンドのプレーをともにした小平智は同じ通算6アンダー5位、宮里優作は4アンダー12位。「おふたりとも安定していて。これより悪いスコアにならなさそうなプレー。サラッとやっている。自分は大きなミスがふたつあってこの位置。どう表現したらいいか分からないですけど…ホントにいいネタになるなあと思いますね…」と自虐的に言った。2日続けての手痛いミスは、週末に向かう石川の手綱を緩めさせない。(愛知県東郷町/桂川洋一)

関連リンク

2018年 中日クラウンズ

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~