ニュース

国内男子中日クラウンズの最新ゴルフニュースをお届け

1年前の緊張から解放 一変した星野陸也の予選ラウンド

2018/04/26 19:39


◇国内男子◇中日クラウンズ 初日(26日)◇名古屋ゴルフクラブ 和合コース(愛知)◇6557yd(パー70)

今なら明かせる。昨年初めて「中日クラウンズ」に臨む前の星野陸也の頭の中は、ゴルフどころではなかった。予選ラウンドを同組で回ったのは青木功尾崎将司。周囲の期待の表れとはいえ、両レジェンドを同伴競技者にしたルーキーの重圧は並大抵のものではなかった。「失礼があってはいけないと思って…」。あの時、ティオフ直前まで必死に覚えたのはコースの攻略法ではない。スマートフォンで懸命に調べた、ふたりの経歴だったという。

あれから1年。来月ようやく22歳になる星野は、この初日に5アンダーの首位発進を決めた。後半12番までに5バーディを奪取。第1打をバンカーに入れた13番(パー3)をボギーとしたが、17番(パー3)で4mのバーディパットを沈め「65」でまとめてみせた。

フェアウェイキープ率は28.57%と低調だったにも関わらず、ラフからチャンスを何度も演出した。序盤の3番、右ラフから9Iでの第2打がフライヤーで想定よりも25ydも遠くに飛び、「次からはフライヤーを20yd計算した」。作戦は功を奏し、以降はティショットの不振をきっちりカバー。抜群の飛距離性能を活かしながら、「(和合は)グリーン勝負だと思っている。きょうはパターが入ったのでうまくいった」と冷静にマネジメントした。

今大会の予選ラウンドの同伴競技者は1年前とはうって変わって、ともに20代の今平周吾時松隆光。「若手で楽しく回れました」と本音がこぼれたのもうなずける。「でも(前年大会は)本当に貴重な経験。あんなに光栄なことはない」と実感を込めながら、練習場へと飛び出した。(愛知県東郷町/桂川洋一)

関連リンク

2018年 中日クラウンズ

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~