ニュース

国内男子レオパレス21ミャンマーオープンの最新ゴルフニュースをお届け

【速報】川村昌弘が6アンダーで首位と1打差 石川遼は1アンダー

◇国内男子&アジアン◇レオパレス21ミャンマーオープン 2日目(26日)◇パンラインゴルフクラブ (ミャンマー)◇7103yd(パー71)

2位から出た川村昌弘は最初の1番でバーディを奪うと、4番(パー5)でもバーディ。6ホールを消化して首位のポール・ピーターソン(アメリカ)に1打差の通算6アンダーにスコアを伸ばした。

昨年賞金王の宮里優作は6ホールを消化して3バーディを奪い、通算3アンダーとして浮上中。同じく6ホールを終えた小平智は通算2アンダーとしている。

初日34位の石川遼はインコースからスタートし、11番(パー5)でバーディを奪ったが、13番でダブルボギー。続く14番でバーディを奪い返し、5ホールを消化して通算1アンダーとしている。

関連リンク

2018年 レオパレス21ミャンマーオープン




特集SPECIAL

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~