ニュース

国内男子レオパレス21ミャンマーオープンの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼 初訪問のミャンマーで大きな注目

2018/01/23 19:03


◇国内男子&アジアン◇レオパレス21ミャンマーオープン 事前情報(23日)◇パンラインゴルフクラブ (ミャンマー)◇7103yd(パー71)

前週の「SMBCシンガポールオープン」を16位タイで終えた石川遼は、22日(月)に直行便でミャンマー・ヤンゴンへと移動した。シンガポールに続いてアジアシリーズ第2戦に登場。初訪問のこの地でも歓迎を受けた。

開幕2日前の23日(火)にはディフェンディングチャンピオンのトッド・シノット(オーストラリア)、地元出身選手らと公式会見に出席。その後、石川は地元のジャーナル誌をはじめ3台の現地TVカメラを前にインタビューを受けた。

今季からツアーの選手会長を務めるが、要職に就いたことよりも、大会に初出場する日本ツアーの人気選手として大きな注目を集めている。現地メディアからアジアのゴルフ界について問われ、「アジアで成長している選手が多い。近くで言えば、タイの選手が強い。どんどんいろんな国にゴルフが広がっている。できればミャンマーの国の選手と争えれば楽しみ」と対応した。

会見後には練習ラウンドを行った。30℃近い日中の気温は同じだが、シンガポールよりも湿度が低いことから快適にコースチェック。「ゴルフのプレーでファンを魅了するのは大きな役目。選手会長としての役割も大事だけど、自分のプレーの質は非常に大事。トップの成績を出すことができれば、(自身が)話すことが他の選手から理解してもらえるはず。シンガポールでも良い感触はあるので、調整して優勝争いができるように頑張りたい」と意気込んだ。(ミャンマー・ヤンゴン/桂川洋一)

関連リンク

2018年 レオパレス21ミャンマーオープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~