ニュース

国内男子ゴルフ日本シリーズJTカップの最新ゴルフニュースをお届け

小平智と宮里優作 賞金王戴冠を隔てた言葉

◇国内男子メジャー◇ゴルフ日本シリーズJTカップ 最終日(3日)◇東京よみうりカントリークラブ(東京)◇7023yd(パー70)

賞金王通算5回を誇る永久シードの片山晋呉は、今年の賞金王争いが大逆転で決まろうとしているのを見て、こう言った。「(小平)智が『賞金王はどうでもいい』なんて言ったからじゃない?あれで運気も下がっちゃうし。ああいう発言をすると追いかけているほうは有利だし、あれは言っちゃいけなかったよね。日本人なら1回は一番を獲らないと。獲ってマスターズに行けば良かったのにね」

以前から「賞金王よりもマスターズ」と繰り返してきた小平智だが、開幕直前は「ここまで来てこの位置なら、獲りたいという欲が少し出てきた」とも語っていた。

だが、初日に「74」と出遅れて、2日目は「69」。3日目には再び「73」と下位に沈んだ。

宮里優作は、小平の発言をこう受け止めていた。「ちょっと(賞金王を)獲りたかったと思う。負け惜しみだと思う(笑)。初日、2日目と3アンダー、3アンダーくらいだったら『賞金王!』ってなっていたと思う。でも、智の気持ちもすごく分かります。やっぱり目標が切り替わったんだと思う。(選手は)変わりますから」

JGTOの青木功会長は、小平の心情を思いやった。「小平がシーズンを引っ張っていったけど、途中で1Wが壊れてからフィーリングが悪くなったというのが不幸だったな。ちょっと勢いが消えちゃった。小平は悔しかっただろう。だけど、悔しい思いをしないと、そのありがたみが分からないので何回も繰り返してね。“まだ若いから良いかな”というのがあるけど、“若いうちに獲らないと”というのもある。その辺が、小平の(今後の)変わり方だな」

今年の賞金王は逆転で宮里の手に渡った。時代は変わり、賞金王のタイトル価値が揺らぎ始めていることは否定できない。それでも、いまだに重みもある。それは、これから積み重なっていく時間が証明してくれるはずだ。(東京都稲城市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 ゴルフ日本シリーズJTカップ

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!