ニュース

国内男子カシオワールドオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

「バッチコーイ!」時松隆光は先輩直伝のチップインに興奮

2017/11/23 18:39


◇国内男子◇カシオワールドオープン 初日(23日)◇Kochi黒潮カントリークラブ(高知)◇7315yd(パー72)

腕試しをするのには絶好の場面だった。後半3番、グリーン右奥のラフからの第3打。「ユルめず、しっかりと」。SWを勢いよく振りぬいて放ったボールは、ふわりと舞い、下り傾斜を伝ってカップに消えた。時松隆光のこの日4つ目のバーディは、3人が並ぶ4アンダー首位タイ発進スタートの大きなポイントになった。

<< 下に続く >>

「自分はロブショットがヘタで」。10月の「ブリヂストンオープン」でツアー2勝目を飾った24歳の悩みは、ボールを高く浮かせてグリーンに落とすアプローチ。指導を仰いだのは、池田勇太谷口徹。この秋から一緒に練習ラウンドを行う機会が増えた池田には2日前に「球が強すぎる、球を殺せ」とインパクトでの緩みを指摘され、谷口には前日「ようボールが転がるなあ。何してんねん」と、ヤジられながら“講義”を受けたばかりだった。

何度も練習を繰り返し、自分なりに習得したコツは「ロブショットは、アウトサイドからインサイドにクラブを抜くものだと思っていた。でも、2人ともアウトから入れるわけでもなく、少し“カチ上げる”イメージだった」

ノーボギーのまま3アンダーで迎えた3番のシーンは「教えてもらった通りの“バッチコーイ!”のライだった」という。およそ12yd先のエッジギリギリを狙って、ターフを遠慮なく削り、最高の結果を得た。謙虚な青年もこの日ばかりは「自分が成長した一打でしたね」と興奮気味に語った。

ジュニア時代はナショナルチームメンバーとしてならしたが、プロ転向後シードを獲得するまでに5シーズンかかった。ステップアップするたびに、親交を深めたり、試合で一緒にラウンドしたりする先輩プロのレベルが変わってくるのを実感する日々。歴代の賞金王に技を教わり、今週は「石川(遼)先輩と一緒にラウンドできて、あれだけのギャラリーの中でプレーできる」と語る。「常にこの位置で回れるような活躍をしたいです」というのもモチベーションだ。(高知県芸西村/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 カシオワールドオープンゴルフトーナメント

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!