ニュース

国内男子ダンロップフェニックストーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

今季唯一の国内試合 松山英樹がやりたかったこと

2017/11/19 18:10


◇国内男子◇ダンロップフェニックストーナメント 最終日(19日)◇フェニックスカントリークラブ(宮崎) ◇7027yd(パー71)

ぴんと張り詰めた黒松林の冷気が、上気したギャラリーたちの大歓声で一瞬温かくなったように感じた。松山英樹が試合では自身初となるホールインワンを決めて、最終日は「69」。優勝したブルックス・ケプカには10打差をつけられたが、通算10アンダーの5位で、今季唯一の国内での試合を終えた。

「試合でやってみないと分からない部分が今週分かったので、良い一週間だったと思う。ホールインワンという最高のおみやげもあった」と、記者会見場の松山は笑みをたたえて振り返った。内面からあふれてくる余裕が、その場の空気を優しく包みこんでいた。

3週間前の中国・上海から着手したスイング修正(“改造”は大袈裟と本人は言う)。その方向性は「自分のフィーリングを出しやすいスイングにする。自分は、持ち球をドローだと思っているけど、一緒に回っている人はフェードだと思っているかもしれない。そのズレがいまの状況。そこら辺を直さないといけない」という。

フェアウェイの真ん中を狙って、ドローかフェードのどちらかの球でフェアウェイに残ってくれればいい”、という状態から、さらに精度を高めていく。「マスターズで思ったように打つためには、いままでのスイングじゃだめだった。だいぶ遅れてしまったものを、いましっかりとやらないといけないと思う。ちょっとした変化が大きな差につながってくる」という決意で始めた取り組み。「それができるようになるには球数を打たないと。1カ月で2万球くらい打とうかなと思います」と、数日前に石川遼が語った言葉をさらりと織り交ぜ、記者たちをおおいに笑わせた。

予選ラウンドのペアリングは、松山本人の希望だった。尾崎将司と同組でやりたかったのは「(昔、尾崎が海外メジャーで)ジャック・ニクラスアーノルド・パーマーと争っているときと比べて(自分が)どうなのかなっていうことを聞きたかった」からだという。

「試合中なので無理だったけど、試合でしか分からないこと、感じられないことがあると思うので、興味があって回らせてもらった」と話し、「メディアのみなさんが聞いてくれることを信じています」と目配せした。

年内は残すところあと1試合。2週間後にバハマで行われる「ヒーローワールドチャレンジ」で締めて、年明けは1月第1週のマウイ島から始動する。彼はきっと夢のようなことを実現してくれる。そんな余韻を残して、松山は会見場の席を立った。(宮崎県宮崎市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 ダンロップフェニックストーナメント

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。