ニュース

国内男子ダンロップフェニックストーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

平均飛距離は83人中76位 それでも稲森佑貴は「ガツガツ行く」

2017/11/17 19:20


◇国内男子◇ダンロップフェニックストーナメント 2日目(17日)◇フェニックスカントリークラブ(宮崎) ◇7027yd(パー71)

リーダーボードの上位にひしめく飛ばし屋たちを大砲にたとえれば、稲森佑貴は正確無比な狙撃銃といったところ。この2日間、平均飛距離は257ydで83人中76位だが、フェアウェイキープ率は85.71%で堂々1位。黒松林を縫うように、きょうも5バーディ、ノーボギーとスコアを伸ばし、通算7アンダーの4位とした。

<< 下に続く >>

「林もそうだけど、ラフにもあまり入れたくない。(フェアウェイに)傾斜があるところは、狙い目をしっかり定めないと、ちょっと油断したらすぐ深いところにはまってセカンドが困難になる」と集中する。

アドレスでは「体がまっすぐ構えられているか。目標に対してフェースがまっすぐ向いているか。構えたときにフェースが被っていないか、開いていないか」と順々にチェックしていく。この日、同組で回った石川遼から「まずパターグリップで握ってから、インターロッキングに握り直している」と昨年終盤に指摘されるまで、自分がそうやっていることにすら気付かなかった。

本当は少し違う。「まず、両手で合掌するような感じ。左手のひらと右手のひらで挟むような感覚で握って、構えて自分が納得いくポジションが見つかったら、そのままインターロッキングに入っていく」と、正確なアドレスポジションを見つけるための一連の流れが、自然とそういう動きになっていた。

地元は鹿児島。宮崎とは隣県で、今週は応援の声も多い。先月、堂々と交際宣言をした彼女も、応援に駆けつけている。「去年、一昨年と2年連続予選落ちをしちゃったので、今年こそいいところを見せたいと思う。(上位の飛ばし屋たちは)特に意識はしないけど、同じステージで戦っているゴルファーとして、頑張って勝ちたいという気持ちがある。プレーの中ではガツガツ行く」と、薩摩隼人は勇猛果敢に攻めていく。(宮崎県宮崎市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 ダンロップフェニックストーナメント

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!