ニュース

国内男子三井住友VISA太平洋マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

宮里優作は単独2位を死守 賞金ランク2位で「“鬼”が来る」次戦へ

2017/11/12 18:21


◇国内男子◇三井住友VISA太平洋マスターズ 最終日(12日)◇太平洋クラブ御殿場コース(静岡)◇7246yd(パー72)

3打差を追った宮里優作は6バーディ、2ボギーの「68」で通算15アンダーとしたものの、同じ3位から出た小平智をとらえきれず、3打差の単独2位に終わった。賞金ランキングは前週の3位から2位に浮上。小平を約1961万円差で追い、残り3試合に入る。

最終組でプレーした宮里はボギーをたたいた2つのパー3、前半4番と後半17番を悔やんだ。アイアンにキレがなく、パーオンを逃して後退。「追いかける立場としては良いアイアンショットを打っていきたかった。調子が悪かった分、流れで良い方向にもっていきたかったが、(流れを)つかみ損ねました」。今季4勝目、アマチュア時代から出場した御殿場での初タイトルを手にできず、「負けても2位で終われたのは大事なこと。負け惜しみですけど(笑)。まだ智をとらえられない位置じゃない」と気丈に語った。

「ただ、来週は“鬼”が来ますからね…。2人も」と見据えるのは、再び4000万円の優勝賞金がかかる次週の「ダンロップフェニックス」(宮崎・フェニックスカントリークラブ)。米ツアーでプレーする松山英樹、ディフェンディングチャンピオンのブルックス・ケプカ(米国)が参戦する。ただ、松山が出場した2年前の優勝者は宮里でもある。「フェニックスは自分のゴルフを貫いた選手が上に行く」と意気込んだ。

今大会を前に賞金ランクトップにいたチャン・キム(米国)は今週、腰痛により2日目のスタート前に途中棄権。同3位に後退し、次週以降の状態も不透明だ。同4位の池田勇太は次週、宮崎で7年ぶりの優勝を飾れば、再びランキングトップに躍り出る可能性がある。5位につける今平周吾はこの最終日に「65」をマークして通算11アンダー8位タイでフィニッシュ。トップとは約6653万円差があるが、「一回は優勝しないと賞金王はない」とあきらめてはいなかった。(静岡県御殿場市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 三井住友VISA太平洋マスターズ

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!