ニュース

国内男子三井住友VISA太平洋マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

古閑美保「圧巻でした」 初めて見届けた夫・小平智の優勝に感激

◇国内男子◇三井住友VISA太平洋マスターズ 最終日(12日)◇太平洋クラブ御殿場コース(静岡)◇7246yd(パー72)

小平智が首位との3ストローク差をひっくり返し、今季2勝目を飾った。最終日は今年3月に入籍した夫人の古閑美保が来場。小平がシーズン初勝利を挙げた10月「トップ杯東海クラシック」は不在だったため、愛妻となってから初めて夫の優勝をその目で見届けた。

古閑は開幕前日8日(水)のプロアマ戦に出場した後、会場を離れたが、11日(土)の午後に御殿場に戻った。この日は18ホールに帯同し、サポートチームと一緒に応援。「圧巻でした。きょうのゴルフだけ見ていると」と喜んだ。

2011年の現役引退後、テレビ解説でもおなじみとなった古閑。「7番のティショットからスイッチが入ったように思いました。(チャンスに)付いたときに『これで大丈夫』と思えました。ショットがあまり良くなくて、苦しんだ6番までに2つスコアを伸ばせたことが成長。今までだったら落としていたのでは」と夫の逆転劇を振り返った。

普段は「ゴルフのことを話すとケンカになる」というが、前日のホールアウト後の練習では、小平へバンカーショットについて助言した。「このコースのバンカーは砂が軟らかくて、ヘッドが“刺さって”しまう」という悩みに対し、バウンス角が少ないSWを「もっとひらいて使えば」と意見を言った。小平はこの最終日、17番(パー3)でバンカーショットをピンそば50cmに寄せてパーセーブ。「美保に教わったのがうまくいった」と話した。

古閑は笑う。「親の気持ちが今になって分かる。昔は親に『やっているのは私なんだから!』なんて言っていたけれど、(見る側は)祈ることしかできないですもんね」。今ではロープサイドで1ショットごとに大きな声援を惜しみなく送る。

「彼は応援を力に変えられる人。シャイで照れ屋ですけど、周りが持ち上げるとどんどんいくタイプ」。愛すべき夫が、その声に支えられているのも事実。「大きな声で言ってもらえるとやっぱりうれしい。(ボールの行方が)見えないときも、気持ち的にも助かる」と小平は言う。表彰式でも「美保の前で優勝できて本当にうれしい」と喜んだ。

古閑は2008年にマネークイーンになった。小平はこの日、年間獲得賞金額を1億5455万4813円に積み上げ、愛妻が当時稼いだ1億2085万4137円を抜いた。3試合を残して賞金ランクトップに再浮上。史上初の「賞金(女)王夫妻」が誕生すれば、それは二人三脚でつかんだものになる。(静岡県御殿場市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 三井住友VISA太平洋マスターズ

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。