ニュース

国内男子三井住友VISA太平洋マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

ジャンボ尾崎が途中棄権 「残り、あとひとつ」の真意は

2017/11/10 18:16


◇国内男子◇三井住友VISA太平洋マスターズ 2日目(10日)◇太平洋クラブ御殿場コース(静岡)◇7246yd(パー72)

尾崎将司が第2ラウンドの途中で棄権した。「どうしても背中の痛みが取れない」と、故障を理由に前半9ホールを終えてコースを後にした。

<< 下に続く >>

初日に8オーバーの84位と最下位でスタートした尾崎は、前日よりも気温が下がったこの日(正午時点で16℃)、前半18番(パー5)をバーディとしてイーブンで折り返したはずが、そのグリーン上で同組の谷口徹久保谷健一に別れを告げた。

「コースで試したいこともある。試合の中でないと本物の姿が見えないからね。きょうはきのうと違った方法を2、3取り入れた」と、この日もスイングを模索してプレー。12番では1Wで会心のショットを見せ「久しぶりだね、久しぶりの感じだった」と納得した。「よう飛んだなあ、という感じだったけど、考えてみりゃ(風が)フォローだよ」と苦笑い。わずかな満足感がにじんだ。

それでも肉体的な問題は解決されない。「(試合を)やれば、反省材料がいくらでも出てくる。でも、その反省材料を追求するだけの体がない。スポーツで一番大事なことは準備することだからね。準備することができないと、ちょっと辛いものがある」と悔しそうに話した。

今年1月、70歳で迎えるシーズンを前に「結果が出なければ、皆さんとお別れする。クラブを置きますよ」と不退転の決意を口にした。10月の「HONMA TOURWORLD CUP」ではレギュラーツアーで自身2度目のエージシュートを達成しながら、予選通過はなく、その去就が注目される。

尾崎は帰り際に「残り、あとひとつ」と口にした。次週、宮崎で行われる「ダンロップフェニックス」を今季最終戦とする意向で、「今の時期は誰でも疲れが出るときだ。(再来週の)カシオ(ワールドオープン)まで体調が良ければと思っていたけど…。今のところはちょっと、どう見てもダメだろう」という。

「ダンロップフェニックス」が現役ラストゲームとなる可能性もある一方で、その後の過ごし方については「オフはね、長いよ。長い、長い。11月の終わりから1、2、3月…と、4カ月以上あるんだから。今考えても仕方がない。じっくりと」と含みを持たせた。(静岡県御殿場市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 三井住友VISA太平洋マスターズ

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!