ニュース

国内男子三井住友VISA太平洋マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

賞金ランク首位のチャン・キムが腰痛で棄権「立っていられない」

2017/11/10 17:46


◇国内男子◇三井住友VISA太平洋マスターズ 2日目(10日)◇太平洋クラブ御殿場コース(静岡)◇7246yd(パー72)

4試合を残して賞金ランキング1位に立つチャン・キム(米国)が腰痛のため、第2ラウンドのスタート前に棄権した。初日を終えて首位に4打差の5アンダー9位タイと上々の滑り出しを決めていたが、思わぬアクシデントに見舞われた。

キムは2日目の早朝、起床したときに腰の右側部分に痛みを感じた。ドライビングレンジでショット練習を行ったが、午前9時50分に予定されていたティオフ直前にプレーをキャンセル。スコア提出所の前で患部を両手で押さえながら、「(長い時間)立っていられないほど痛い」と、うずくまるシーンもあった。

前週の「平和PGMゴルフ」でシーズン3勝目を飾り、賞金レースで2位の池田勇太に約1300万円の差をつけてトップになったばかり。「テークバックでは問題ないけれど、フォローのときに右腰に痛みが出る。今週休んで、様子を見てから来週(ダンロップフェニックス)の出場を決めたい。ただ、無理をする必要はないと思う」と先を見据えた。

これでランキング2位以下の池田、宮里優作小平智は今大会2位以内でトップに浮上する可能性がある。とはいえ、次週以降の3試合も高額賞金がかかっており、争いは混とんとする。他選手の状況を注視するはずもない。

9アンダー単独首位発進を決めながら、この日スコアを伸ばせず順位を3位タイに下げた小平は「自分のゴルフができなくて、流れもつかめないまま一日が終わってしまった感じ。ピンポジションもタイトだった」と悔しそう。

宮里も3バーディ、3ボギー「72」にとどまり、6アンダーの10位タイに後退した。「きょうはつながらないゴルフ。パットもティショットもバラバラでゴルフになっていない。逆球が多く出た」と反省しきり。「(キムは)いつも試合前に痛いと言っているけれど…。この前の沖縄のときも言っていて、優勝した。きょうも朝『また言ってるよ』と思っていたけど、相当痛かったんでしょうね。ちょっと残念です」と好敵手を気遣っていた。(静岡県御殿場市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 三井住友VISA太平洋マスターズ

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!