ニュース

国内男子日本オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

国内メジャー最年少Vならず アマ金谷拓実は「優勝ちらついた」

2017/10/15 19:22


◇国内男子メジャー第3戦◇日本オープンゴルフ選手権競技 最終日 (15日)◇岐阜関カントリー倶楽部 東コース(岐阜)◇7180yd(パー70)

快挙は手の届くところにあった。アマチュアの金谷拓実(東北福祉大1年)が池田勇太との最終日最終組対決に敗れ、惜しくも日本タイトルのかかるメジャー大会での史上最年少優勝を逃した。スタート時に5打あった差を前半に1打まで詰めたが、勝負のサンデーバックナイン終盤にミスパットを連発。「68」で通算7アンダー2位に終わった。

降りしきる雨の中、金谷は昨年度のツアー賞金王に物怖じせずに戦った。池田がティショットをOBにしてダブルボギーとした3番で、グリーン右手前からチップインバーディを決めると、続く4番で10mのロングパットを沈めて2連続とし、1打差に迫った。

「(スタートで)5打ひらいていたし、勇太さんがトップだったので、優勝を意識せず自分のプレーをしようと思っていた」。19歳らしく無欲を貫き、何度も迫ったトップの座。スタート前に人知れず誓ったその信念は、タイトルが顔をのぞかせたときに揺らいだ。

「バックナインで差が縮まるにつれて優勝が(頭に)ちらついてきました」。決めれば初めて首位に並ぶ状況だった16番、1mのパーパットをカップ左に外した。17番も1.5mのバーディパットが左にそれた。「しっかり打ったが、タッチが弱く、入る前に曲がってしまった感じでした」。歴戦のトッププロを仕留めそこねた2ホールに、「悔いが残る」と唇をかんだ。

金谷は広島国際学院高2年時の2015年大会でも、上位争いを演じてローアマチュア(11位)となった。「2年前に比べて悔しいです」と話したものの、他では味わえない緊張感も19歳にして知ることができた。「朝から緊張もしていました。最終日にあれだけギャラリーの方に観られながらプレーしたことはなかった。自分の力以上のものが出たかもしれないと思う」と謙虚。同大会で複数回ローアマになったのは史上17人目。池田をはじめ、宮里優作松山英樹ら、のちにトッププロとなるプレーヤーの仲間入りを果たした。

高校3年時の昨年末、ツアーの予選会を通過できずプロ転向を断念した。進学して数カ月で、再び大きな注目を集める結果となったが「大学4年間はアマチュアでいると思います。大学に入って成長していると感じているので」と実直に鍛錬するつもり。惜敗の思いを晴らすチャンスは、これから何度も訪れる。(岐阜県関市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 日本オープンゴルフ選手権競技

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。