ニュース

国内男子アジアパシフィック選手権ダイヤモンドカップの最新ゴルフニュースをお届け

2年前とは様変わり 17歳・中島啓太はカラダもゴルフも成長中

2017/09/21 19:10


◇国内男子◇アジアパシフィック ダイヤモンドカップ 初日(21日)◇カレドニアン・ゴルフクラブ (千葉)◇7100yd(パー71)

海外勢を含めた15人のアマチュアのうち、最上位で滑り出したのは17歳の中島啓太(代々木高2年)。序盤の11番でダブルボギーをたたきながらも7バーディ(1ボギー)を量産して「67」とし、4アンダー8位タイの好位置で初日を終えた。

<< 下に続く >>

その名を馳せたのは、当時15歳で決勝戦まで勝ち残った2015年「日本アマチュア選手権」。マッチプレーの決勝戦では、当時17歳の金谷拓実(現・東北福祉大1年)との“最年少優勝対決”で惜しくも敗れた。

久しぶりにじっくりと17歳を眺めて驚いた。当時は細身で小柄な印象だったが、身長177cm、体重70kgのガッシリした体格になっていた。ちょうど成長期の真っ盛りとあり、「1年前は173cm、65kgくらいだった」という。2年ほど前から変わり始めたという声も、すっかり大人びた低音ボイス。2015年から所属するJGAナショナルチームのトレーナーの指導のもと、ハードなトレーニングにも目覚め、「パワーがついて、攻め方も変わってきた」と厚みが増した胸を張る。

2016年からストローク競技に変わった今年8月の「日本アマ」では優勝スコアに1打届かず、大会2回目の2位フィニッシュ。以降は慢性的に抱える腰痛が悪化して競技から離れたが、復帰戦となった前週のJGA派遣競技「デュークオブヨークヤングチャンピオンズトロフィー」(9月12日~14日/英国)を2位で終え、手ごたえを得て帰国した。

来季のプロツアー出場を目指して5月からはじまるファーストQT(一次予選会)を受ける考えもあったが、体力不足やケガの多い体質を不安視して見送った。トレーニングへの意識を高めたのも、プロの世界で戦うための肉体を作り上げるため。大学進学を視野に入れながら、プロとなる準備をじっくり整えていく構えだ。(千葉県横芝光町/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 アジアパシフィック選手権ダイヤモンドカップ

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
松山英樹が解説するオーガスタ攻略法
松山英樹がオーガスタ18ホールをすべて解説。タップして攻略ポイントを見よう

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!