ニュース

国内男子アジアパシフィック選手権ダイヤモンドカップの最新ゴルフニュースをお届け

ホームで迎える日亜共催 低迷中のアジアツアーメンバーたちは

◇国内男子&アジア共同主管◇アジアパシフィック ダイヤモンドカップ 事前(20日)◇カレドニアン・ゴルフクラブ (千葉)◇7100yd(パー71)

前週「ANAオープン」で自身初のトップ10フィニッシュ(10位タイ)を決めた竹安俊也が、今季シード権を持つアジアンツアーとの共同主管競技に出場。日本人では唯一となる2016年アジアンツアー賞金ランキング上位(昨季56位)のカテゴリーで、欠場者が出たことによるウェイティングからの滑り込みで出場権を得た。

<< 下に続く >>

竹安は昨年末の国内ツアーファイナルQTを2位で通過し、今季は日亜両ツアーを掛け持つシーズンだ。国内は前週時点で賞金ランキング67位と初シード(上位75位まで)へ前進している一方、6試合出場のアジアは87位にとどまり、上位60位までに付与される来季シードの圏外にいる。今週の賞金は両ツアーに加算されるだけに、“Wシード確保”を狙う24歳にとって重要な一戦となる。

ほかのアジアンツアーメンバーも、竹安と同じように来季シード圏外で今週を迎える。今年初めのアジアファイナルQTを3位通過した亀代順哉もその1人。今季7試合で賞金ランキング145位に沈んでいるだけに、「今週で、という気持ちはあります」とモチベーションは高い。今季は国内ツアーの出場権を持たず、今週は主催者推薦による出場。日亜両シード確保への一発勝負にかける。

また、13年大会優勝によりアジアンツアーへの道を切り開いた川村昌弘も、今季賞金ランキングは78位と低迷中だ。年始から続くショット不振により14年から保持するシード喪失の危機にあるが、「ランキングはとくに意識していない」という。川村がアジアンツアーに求めているのは欧州ツアーとの共催競技で、出場できる目安は当該シーズンの賞金ランキング30位前後。「30位以内に入らないと意味はない。(シードから)落ちたらそのときに考えます」と淡々と述べた。(千葉県横芝光町/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 アジアパシフィック選手権ダイヤモンドカップ

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「全米オープン」は、9月17日(木)ウイングドフットGC(ニューヨーク州)で開幕

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!