ニュース

国内男子ISPSハンダマッチプレー選手権(1回戦・2回戦)の最新ゴルフニュースをお届け

飛距離を落として相手に圧力 “先手必勝”の宮里優作が初戦突破

2017/08/01 15:14


◇国内男子◇ISPSハンダマッチプレー選手権 1回戦(1日)◇浜野ゴルフクラブ (千葉県)◇7217yd(パー72)

14年ぶりにツアーに復活したマッチプレーで宮里優作は、松原大輔を3&2で下して2回戦に進出した。先にチャンスにつける“先手必勝”で15歳下の相手を心理的にもリードした。

万全でない中で試合巧者ぶりを発揮した。ティショットの安定感を欠いた前半をオールスクエアで折り返した。「松原くんの方がティショットは良かった。ラフばっかりで…。(全英の)風が強い環境でやっていたイメージが残っていた」と、格下相手に苦戦した。

後半からティショットを「ドローからフェードに変えた」ことに加えて、相手よりも2打目を先に打つ狙いで、敢えて飛距離を落とした。「フェアウェイに置く感じにした。ピンを狙わないといけないのが普段との違い。先に(ピンに)つけられると焦りが出るから」との作戦だ。

後半11番で130ydからの2打目を3mにつけてバーディを奪うと、12番で1.5mに寄せて連続。この2ホールで2アップとして流れを引き寄せた。

ツアー史上最高額の優勝賞金5000万円。今週の世界選手権シリーズ「WGCブリヂストン招待」の出場者、昨季の年間獲得額と今季の「日本ツアー選手権 森ビル杯 Shishido Hills」までの賞金順で選出された3回戦(9月6日~)からのシード枠(8選手)には1ランク及ばず漏れた。

今季賞金ランク2位の選手会長は「徐々にマッチプレーの戦い方をつかんでいった方がいいかもしれない。まずは3回戦にいかないとダメ」と気を引き締めた。(千葉県市原市/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 ISPSハンダマッチプレー選手権(1回戦・2回戦)




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!