ニュース

国内男子ISPSハンダグローバルカップの最新ゴルフニュースをお届け

平塚哲二が5位タイ 海外勢のトップ10独占を阻止

ツアー史上初となる海外勢のトップ10独占(記録が残る1985年以降)を、44歳のベテランが阻止した。国内男子ツアー「ISPSハンダグローバルカップ」最終日。シャール・シュワルツェル(南アフリカ)、ビクトル・デュビッソン(フランス)ら海外選手が上位を占める展開の中、13位から出た平塚哲二が6バーディ、1ボギー「66」をマーク。通算13アンダーの5位タイでフィニッシュし、日本勢で唯一のトップ10に食い込んだ。

この日のスタート直前に前週発症した背中痛が再発し、痛み止めを服用して何とかティオフ。ティショットは荒れ気味だったが「ショートアイアンとアプローチが良かった」と、粘り強くバーディを重ねた。

<< 下に続く >>

グリーンを外した前半5番では4ydからSWでチップインバーディを決めると、12番(パー3)、15番といずれも20センチに絡めるスーパーショット。“日本勢の意地”を考える余裕もない。「自分のことで精いっぱいだった」と自らのプレーだけに集中し、気づけば海外勢が占めていたリーダーボードに名前を載せていた。

左ひじの故障により1年間ツアーを離脱し、特別保障制度(公傷)により昨年9月の「ANAオープン」から復帰。同年は規定によるシード復帰の条件を満たせず、今季はキャリアで1度だけ使用できる『生涯獲得賞金ランキング25位以内』の資格でプレーする。今週の5位タイは、復帰してからのベストフィニッシュ。「ひじはもう大丈夫。最終日までスコアを伸ばせたのは復帰してから初めてだったし、この流れでいければいいですね」と充実の笑顔を見せた。(石川県羽咋市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 ISPSハンダグローバルカップ

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!