ニュース

国内男子日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hillsの最新ゴルフニュースをお届け

青木功も絶賛 初勝利の塚田陽亮「自分が一番“ドM”だった」

世界のアオキをうならせた。茨城県で行われた「日本ゴルフツアー選手権 森ビル杯」最終日。31歳の塚田陽亮が待望のツアー初勝利を国内メジャータイトルで飾った。3オーバーの12位タイから出ると、ベストスコア「66」(パー71)をマークして通算2アンダー。後続に1打差で逃げ切った。同大会は6年連続でツアー初優勝者が誕生した。

勝負を決めた一打は、コースの名物にして、最難関ホールで生まれた。4mを沈めた13番でこの日6つ目のバーディを奪い、単独トップで迎えた17番。4日間の平均ストローク「4.64」と18ホール中、最も難度の高いパー4で、塚田は完璧な1Wショットを見せた。低弾道で300yd越えのドライブを見せ、残りは113yd。AWでピンそば2mをとらえ、会心のバーディを決めた。

<< 下に続く >>

続く最終18番はフェアウェイからの2打目で右サイドの木が視界に入ったが、得意のパンチショットのフェードボールでピン筋に運び、2パットでパーを拾ってホールアウト。「頭の中が真っ白で何も考えられなかった。いち早くトイレに行きたかった」。余韻に浸る間もなく、そのままクラブハウスに駆け込んだリーダー。ロッカールームで勝利を確信し、うれし涙を拭いてから3組後の最終組を悠然と待った。

シード選手として4年目の今シーズン。未勝利のまま先月24日に31歳になった。「いつも予選を通過するのかしないのか、というところで回っている」。最高難度に仕上げられた宍戸ヒルズカントリークラブでも優勝争いをしている実感は薄かった。「難しすぎて緊張している場合じゃなかった」という。計算も、駆け引きも、しない。いや、できない。ただ目の前のボールを叩くだけ。

「本当にこの試合は“ドM”じゃないと出来ない。きょうは自分が一番“ドM”だったということです」

その姿勢から放たれた“ウィニングショット”に驚嘆したのは、大会を主催する日本ゴルフツアー機構(JGTO)の青木功会長だった。「17番の(2打目の)ハーフショット、やろうと思ってもできない状況だった。良いショットだった」。無我夢中でつかんだ栄冠は、レジェンドの胸にも刻み込まれたはずだ。(茨城県笠間市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!