ニュース

国内男子関西オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

石川遼以来の快挙なるか デビュー戦の趙炳旻が最終日最終組に

国内男子ツアー「関西オープンゴルフ選手権競技」3日目。今大会が日本ツアーデビュー戦の26歳の趙炳旻チョ・ビョンミン/韓国)が4バーディ、1ダブルボギー「69」(パー71)でプレーし、通算5アンダーの3位タイに浮上。首位のスコット・ストレンジ(オーストラリア)とは5打差ながら、最終日最終組に滑り込み、初タイトルへ望みをつないだ。

アマチュア時代には母国のナショナルチームに在籍。韓国ツアーでは未勝利ながら、昨年は下部ツアーで2勝を挙げた。「韓国は(年間)12~13試合しかないので、韓国からも近い日本でプレーがしたかった」と、3度目の挑戦となった昨年末のQTを25位で終えた。

「今週はグリーンが難しいし、フェアウェイにいかないとチャンスがない。勝とうとは思っていないけど、自分のゴルフだけに集中していきたい」。

仮に趙が初出場・初優勝を果たすと、2007年「マンシングウェアオープンKSBカップ」を当時15歳で制した石川遼以来となる国内ツアー史上4人目の事例となる(海外招待選手を除く)。

<国内男子ツアーの初出場・初優勝>(1973年のツアー制度施行以降 海外招待選手を除く)
重信秀人 1979年「中四国オープン」
・渋谷稔也 1984年「九州オープン」
石川遼(アマ) 2007年「マンシングウェアオープンKSBカップ」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 関西オープンゴルフ選手権競技

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。