ニュース

国内男子パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

C.オトゥール 2ペナを自己申告して予選落ち

国内男子ツアー「パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップ」2日目を予選通過圏内の通算1オーバーで終えたケーシー・オトゥール(米国)が、前半18番(パー5)のバンカーショット時に「クラブのソールが(バンカーに)触れていた」と、ラウンド後に自己申告。パーで記録されていた18番に2罰打が科され、通算3オーバーの79位で予選落ちとなった。

ゴルフ規則『13-4 b』では、「そのハザード内の地面やそのウォーターハザード内の水に自分の手やクラブで触れること」を禁じている。

<< 下に続く >>

オトゥールはホールアウト後のアテスト時に、18番でグリーン右手前のガードバンカーから打った3打目について「バックスイングでソールが触れたような気がするので、確認してほしい」と競技委員に申告。同伴選手を交えて映像モニターを確認したが、明確な判断はできなかった。

バンカーの後方近くにいたボランティアも「触れていなかったと思う」と証言したが、オトゥールはペナルティの可能性がある中で決勝ラウンドをプレーすることに難色を示し、自らペナルティを要請したという。

オトゥールに2罰打が科されたことで予選カットラインは通算1オーバーから2オーバーに修正。61位タイまでの78人が決勝ラウンドに進んだ。

■ ゴルフ規則13-4 球がハザード内にある場合の禁止行為 ※一部抜粋

プレーヤーは、バンカーであるかウォーターハザードであるかにかかわらず、ハザード内にある球や、ハザード内から拾い上げられていて後でそのハザード内にドロップするかプレースすることとなる球をストロークする前に、次のことをしてはならない。

a.そのハザードや他の同じようなハザードの状態をテストすること。
b.そのハザード内の地面やそのウォーターハザード内の水に自分の手やクラブで触れること。
c.そのハザード内にあるか、またはそのハザードに触れているルースインペディメントに触れたり、それを動かすこと。

規則13の違反の罰はストロークプレーでは2打

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!