ニュース

国内男子ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯の最新ゴルフニュースをお届け

片山晋呉、リオ五輪「山2つと言われたい」

男子ゴルフの世界ランキングで松山英樹(11位)に次ぐ日本勢2番手につける片山晋呉(69位)は、今年8月のリオデジャネイロ五輪出場について「ブラジルに行くために穴を掘っている。地球の裏側なので、いまから掘り始めればちょうどいいかなと」と、笑いを誘った。

宮崎県で合宿中の21日、語った。リオ五輪の日本代表は、7月11日時点の世界ランク上位2人となる。片山は「112年ぶりに(ゴルフが復活する)五輪に出場する日本人になりたい気持ちは強い。誰が出たの?という話になったとき『片山と松山で‘山’2つだぞ』と語り継がれたい」と話した。

自身がホストを務める「ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯」(7月29~31日/北海道・恵庭カントリー倶楽部)は、今年で3回目。今年からは日本プロゴルフ協会(PGA)が主管する形でリニューアルする。

ツアー外競技ながら、優勝賞金は国内の試合で史上最高額の1億円となる。「自分がかかわっている大会がどんどん大きくなっているのが幸せ。夢がある。何より1億円って響きがいい」と述べた。

昨年はプレーヤーとしても準優勝。マッチプレーについて「展開が読めない面白さがある。その究極がプレーオフ」とし、フェニックスオープンでプレーオフを制して米ツアー2勝目を挙げた松山を「勝負強さを証明している」とたたえた。

「ネスレ-」では招待選手として若手への門戸を開くが、選抜に関して「きちんと先輩にあいさつができるかも重要な要素。しっかり『おはようございます』と言ってほしい」と注文をつけた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。