ニュース

国内男子ダンロップフェニックストーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼は薄氷踏む予選通過 ハーフ最悪の20パット

2015/11/20 17:56


宮崎県のフェニックスカントリークラブで行われている「ダンロップフェニックストーナメント」2日目、イーブンパーの29位タイから出た石川遼は、前半アウトで「41」を叩いて「73」(パー71)。後半の挽回でなんとか通算2オーバー47位で決勝ラウンド進出を決めた。

ズルズルと順位を下げる展開に肝を冷やした。ティショットを右の林に打ちこんだ2番で最初のボギー。5番で2つ目を叩くと、続く6番(パー3)では残り20mから4パットを喫してダブルボギーとした。7番(パー5)で初バーディを決めた後、折り返しの9番では再びダブルボギー。第1打を右の林に打ち込むトラブルからさらに後退した。

「グリーンの傾斜が強く、1mのくらいのパットがオーバーして2mくらい行ってしまうことがあった」。9ホールのパット数20は、国内で過去3度あったこれまでの19パット(08年「ミズノオープン」3Rイン、13年「日本ゴルフツアー選手権」1Rアウト、14年「カシオワールドオープン」3Rイン)を更新するワースト記録。楽なパットができるポジションをショットでキープできなかったことも、原因のひとつだ。

「9番のダブルボギーでさすがにマズイかなと思った。12番を終わったくらいで『予選通過が厳しい』と…」。そう思った矢先の13番、左ドッグレッグのパー4で会心の1Wショットから1オンに成功し2パットバーディを奪取。さらに2つバーディを重ねてホールアウトし、国内ツアーでは13年6月「日本ゴルフツアー選手権」以来となる予選落ちをなんとか免れた。

ストローク、アドレスを矯正するべく、今大会は愛用のL字マレット型ではなく、センターシャフトタイプのパターを使用。「結果的な数字は良くないけれども、短期的な結果を出すためにやっているわけではない。いいパットができれば、どんなパターでも、どんな道具でもいいはず。違いを感じることも大事にしてやっていきたい」と、技術不足を痛感する一日を受けとめた。(宮崎県宮崎市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2015年 ダンロップフェニックストーナメント

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!