ニュース

国内男子三井住友VISA太平洋マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

「新生」片山晋呉を支える“鷹の寿命”の話

勝利の味はこれまでの28回とは少し違った。静岡県の太平洋クラブ御殿場コースで行われた国内男子ツアー「三井住友VISA太平洋マスターズ」最終日は、濃霧のため最終ラウンドがキャンセルとなり、前日までの54ホールの結果で決着。片山晋呉が通算14アンダーで今季初勝利、ツアー通算29勝目を飾った。

視界の悪いスタート前のドライビングレンジで、中止の決定を耳にした片山。「今までにはない気持ち。複雑さもあった」としながらも、「3日間でボギーもひとつだけだった。ゲーム内容は完璧だった」と胸を張った。賞金加算は規定により75%に減額(3000万円から2250万円)され、生涯獲得賞金は約93万円が節目の20億円には届かず「まあ、そこも僕らしいでしょう」と笑った。

2008年に永久シード獲得、09年「マスターズ」で4位に入ったあと、“燃え尽き症候群”に陥った期間を経て、13年からこれで3年連続勝利。片山はそれを「復活」と表現されるのを嫌い「新生」という。体力的な衰えがあっても「昔よりも今の方がゴルフがうまくなっている」と“生まれ変わり”を強調する。

自宅に帰る際、近所の本屋に立ち寄るのが日課だ。購入した雑誌や書籍を読み込み、スマートフォンには気になったページを撮影した写真が詰まっている。今週月曜日、目にした文章があった。鳥類で最強といわれる鷹に関する記述だった。

鷹の寿命はほとんどが40歳程度だが、約20%は70歳程度まで生きるという。だが、その長く生きる鷹は、40歳頃に衰えた肉体を自ら壊す。加齢で垂れたくちばしを岩で叩き割り、爪を一枚ずつ剥いで、羽も抜く。およそ半年にわたる再生期間を経て、新しい体で大空に羽ばたいていく。「これだな、と思った。そうしなければ鷹は40歳で死んでしまう。僕も変化を恐れずに、毎日グリップやクラブを替えてみたり、日々新しいことに取り組むのはそういうことと似ていると思えた」

くちばしも爪も、羽も生え変わった片山は、ゴルフへの情熱がいっそう膨らむようになった。惜敗した10月の「ブリヂストンオープン」。最終日に悶々としながら愛車をひとり運転して自宅に帰ったが、駐車場で踵を返してトレーニングジムに向かい汗を流した。

40代に入り、勝利へのモチベーションは以前と少し違う。「若い頃はとにかく自分のためにやるのが当たり前だった。でも年を重ねて、自分が大会(開催)に関わるようになって、周りの人々の大切さの感じ方が変わった」。ここ2年はツアー外競技「片山晋呉インビテーショナル ネスレ日本マッチプレー選手権 レクサス杯」でホスト役を務め、周囲のサポートのありがたみを肌で感じるようになった。

今週起用した乾芽衣(いぬい・めい)キャディは、昨季途中までデビッド・オーのバッグを担いでいたが、シーズン途中に解雇。オーが初優勝を遂げたこの前年大会の直前のことだった。「彼女にとっても嬉しかったんじゃないかな」と片山。相棒のうれし涙を、喜ぶばかりだった。

シーズン3試合を残したところで、年始に掲げた目標が再び現実味を帯びてきた。「プロ20年目で通算30勝&20億円」。日本ツアーが誇る鷹は、雨に煙る富士山麓を力強く飛び回っている。(静岡県御殿場市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2015年 三井住友VISA太平洋マスターズ

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。