ニュース

国内男子ANAオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼 24歳バースデーに大会自己最高の好発進

北海道の札幌ゴルフ倶楽部 輪厚コースで開幕した国内男子ツアー「ANAオープンゴルフトーナメント」。今季国内ツアーに初出場した石川遼が、24歳の誕生日を迎えた17日(木)の大会初日に好スタートを切った。6バーディ、2ボギーの「68」で回り、4アンダー。同大会で自己最高の発進となる4位タイで滑り出した。

アイアンショットがつかまらず、前半からチャンスを作るのに苦労した石川は、2連続バーディ直後の13番で3パットボギー。エンジンはハーフターンしてかかった。

<< 下に続く >>

後半1番、1Wで340ydのロングドライブを見せてバーディ。6番ではティショットを左に曲げたが、6Wでフックをかけてせり出した木を避け、ピン奥1mにつけるスーパーショットを披露。「ティショットの感触ではOBになっておかしくなかった。バーディで3打得した感じ。まさに誕生日プレゼント」。最終9番では右サイドからの第3打をロブショットでサラリとピンそば80cmにつけ、スコアを伸ばしてバースデーラウンドを終えた。

例年、誕生日週に行われるホスト大会。24歳になった感想は「だんだん誕生日が特にうれしくなくなりつつある」というもの。主戦場の米ツアーでは先月、今シーズン最終戦で来季のシードを逆転で確保したばかり。国内ツアーの自身初戦が、9月までもつれ込んだことは、これまでなかった。月日の流れを感じる余裕などないまま終えた1年でもあった。

今大会はティグラウンドで1Wを積極的に握って、飛距離でアドバンテージを獲る作戦。前週のツアー外競技「片山晋呉インビテーショナル ネスレ日本マッチプレー選手権 レクサス杯」で1回戦敗退し「ボールを置きに行っていた。スイングが小さくなっていた」と反省したという。

プロ8年目の石川は、20代に入ってからは特に、ミスを恐れない10代の頃のゴルフと、リスクマネジメントを重視した“大人のゴルフ”との間を、何度も行ったり来たり。そしていま再び、原点回帰を誓う。「強気の1Wと、強気のパットができるゴルフをやりたい。日本で見る人が『このゴルフならアメリカでも勝てるかもしれない』と、ひとりでも思ってもらえるようなゴルフをしたい」。24歳の目標を「PGAツアーで優勝すること」と言い切った。(北海道北広島市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2015年 ANAオープンゴルフトーナメント

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!