ニュース

国内男子elite grips challengeの最新ゴルフニュースをお届け

阿部裕樹が自身初の首位発進 池村は5打差24位/チャレンジ初日

国内男子下部チャレンジツアー「elite grips challenge」は3日、群馬県沼田市の初穂カントリークラブで開幕した。2日間競技で争われる大会初日、阿部裕樹は8バーディ、ノーボギーの「64」(パー72)をマークして8アンダーで首位に立ち、自身初の首位発進を決めた。

1打差の2位には昨年大会の覇者の西裕一郎ほか、成松亮介、姜秀一の3選手が並んだ。チャレンジツアー賞金ランクトップの森本雄は1イーグル、4バーディの「66」をマークし、6アンダーの5位。同じく5位に川満歩、杦本(すぎもと)晃一が並んだ。

前週の「RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント」で13位に入った池村寛世は3バーディ、ノーボギーの「69」でプレーし、トップと5打差の24位に続いている。

【主な成績上位者】
1/-8/阿部裕樹
2T/-7/西裕一郎成松亮介、姜秀一
5T/-6/森本雄川満歩、杦本晃一

関連リンク

2015年 elite grips challenge




特集SPECIAL

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
HIGHLIGHT ソン・ヨンハン
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~