ニュース

国内男子静ヒルズトミーカップの最新ゴルフニュースをお届け

杦本晃一が初の栄冠に!「優勝争いが楽しかった」

2011/07/10 14:38

「静ヒルズトミーカップ」最終日、杦本晃一(すぎもとこういち)が、通算9アンダーでフィニッシュ。岩井亮磨杉原敏一とのプレーオフを制し優勝に輝いた。杦本自身チャレンジトーナメント初優勝を飾った。

2日目終了後、最終日は、2日間出来なかったアグレッシブなゴルフをしたいと話していた杦本。その言葉通り攻撃的の攻め、4つのボギーはあったものの5つのバーディを奪取した、プレーオフへ望みをつないだ。

「今日は、ティショットが狙える位置に落ちたら狙っていこうと思っていました。2桁アンダーまでいけば優勝出来ると思っていたけど、10アンダーまでいってまたボギーの繰り返しでしたね。優勝争いが初めての経験だったので楽しかったです」。

「ここ2試合調子は悪くないけど予選通過出来ず苦しかった。それでも腐らずにやってきてよかったです」。最終日は、去年の3月に結婚、そして今年の10月には出産を控える妻の姿があった。「妻の前で優勝を見せられて良かった。お腹に子供もいる中18ホールついてくれた妻の為にも優勝したかったので、本当に嬉しいです。」

今回の優勝でレギュラーツアーの『サン・クロレラ クラシック』の出場権を獲得した杦本。「レギュラーツアーはこれから経験していかないといけないなという気持ちで臨みたい。自分ではレギュラーツアーで上位に行く実力はついていないと思うので、学ぶ場所だと思っています」。2007年「JCBクラシック」以来のレギュラーツアーに挑む。

杦本はこの優勝で賞金ランキングは3位に上昇した。「この大きな試合を勝つことが出来たので、あと2勝してシードを狙っていきます」。来シーズンのシード獲得の為、新たなスタートをきった杦本。今後の杦本の活躍に注目だ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 静ヒルズトミーカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。