2015/09/04elite grips challenge

池村寛世がプレーオフ制し通算2勝目/チャレンジ最終日

国内男子下部のチャレンジツアーは4日、群馬県沼田市の初穂カントリークラブで最終日の競技が行われた。24位から出た池村寛世が、ディフェンディングチャンピオンの西裕一郎とのプレーオフを制して優勝。今年6
2014/09/26elite grips challenge

西裕一郎が4人のプレーオフを制す/チャレンジ 最終日

た混戦は、通算9アンダー首位タイでホールアウトした西裕一郎、桑原克典、正岡竜二、佐藤信人の4人によるプレーオフに突入した。1ホール目(18番パー5)でただ1人バーディを奪った西がこれを制し、プロ初
2015/10/09石川遼 everyone PROJECT Challenge Golf Tournament

大会プロデュース石川遼の後輩 中里光之介が首位発進

あたる。 首位と1打差の2アンダー3位には秋吉翔太、清田太一郎、野仲茂の3選手が続いた。さらに1打差の1アンダー6位には西裕一郎、杉本晃一(※)、岩本高志、小斉平優和(アマ)の4選手が並んだ。 大会は2日間競技で、10日に最終日の競技が行われる。
2015/05/21HEIWA・PGM Challenge Ⅰ ~Road to CHAMPIONSHIP

「日本プロ」9位の額賀辰徳が首位発進/チャレンジ初日

亮磨の2選手。4アンダーの4位に永松宏之、西裕一郎、西村匡史、服部リチャードの4選手が並んだ。 予選会トップ通過のリチャード・テイト(オーストラリア)は、2アンダーの12位。前週の「ジャパンクリエイト
2014/09/25elite grips challenge

梅山とテイトが2打差首位/男子チャレンジ 初日

リチャード・テイト(オーストラリア)がともに「65」(パー71)で回り、6アンダーで首位に並んだ。予選を通過したイーブンパー68人が明日の決勝ラウンドに臨む。 昨年優勝した内藤寛太郎のほか、西裕一郎
2014/08/02ダンロップ・スリクソン福島オープンゴルフトーナメント

雷雲をかいくぐり、永野とクロンパが首位で最終日へ

浮上した。上位6選手中、優勝経験があるのは矢野と小平のみ。他の4人はツアー初優勝を見据えて最終日を迎える。 さらに、小田孔明、片岡大育、河野祐輝、西裕一郎の4選手が10アンダー7位タイで続いている
2014/09/05マダムシンコチャレンジトーナメント

ウィルソンがプレーオフ制し優勝/男子チャレンジツアー

。今井は16番までに7アンダーまで伸ばし、単独首位に立ったが、最終18番でティショットをOB、痛恨のダブルボギーを喫した。 西裕一郎、谷昭範、菊池純、森本雄ら6人が4アンダーの7位タイに並んだ。