ニュース

国内男子中日クラウンズの最新ゴルフニュースをお届け

現役最長20年連続の賞金シードを狙う手嶋多一の“練習の成果”

2015/05/02 19:01


愛知県の名古屋ゴルフ倶楽部 和合コースで開催中の国内男子ツアー「中日クラウンズ」3日目。2位から出た手嶋多一は2バーディ、3ボギー「71」(パー70)で通算5アンダーの3位タイに後退したが、首位とは2打差で持ちこたえた。

自称“日本一練習しないプロ”の鍛錬の成果が出たのは後半12番だった。ティショットを左に曲げた直後の2打目、木の根元から右打ちではスタンスが取れず、選んだのは左打ち。ロフト54度のウェッジでボールをクリーンヒットし、右ラフまで運んだ。続く3打目をピン奥3mにつけ、パーパットを沈めて満面の笑み。

「実は得意なの。ほんとはもっと飛ぶんだけど。左でたまに練習してるからね。年間5回くらいは、ああやって左で打つことがある」

17番(パー3)、18番はショートゲームが振るわず連続ボギーとしたが「耐えて、耐えて、本当に疲れる。あしたは前半ひとつでもへこませて(アンダーパーとして)、後半に難しいところを耐えられれば」と、大きく息をついた。

昨年国内メジャーの「日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯」を制して5年シードを獲得したが、目標は賞金シード獲得にある。現役最長の19年連続でそれを確保しているのが、この46歳だ。

日本ツアーはアジアで行われる賞金加算対象の試合が増えており、6月以降は、体力と相談しながらのスケジュール管理も強いられる。シーズン序盤戦で、通算8勝目へ踏みとどまったムービングデーの意味は大きい。(愛知県東郷町/桂川洋一)

関連リンク

2015年 中日クラウンズ

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~