ニュース

国内男子中日クラウンズの最新ゴルフニュースをお届け

山下和宏が今週も上位で週末へ 過去の“最遅”初勝利はだれ?

2週前の国内男子ツアー開幕戦「東建ホームメイトカップ」で2位フィニッシュした山下和宏。実にキャリア9度目となる最終日最終組でのV逸だったが、気落ちする様子は一切ない。名古屋ゴルフ倶楽部 和合コースで開催中の「中日クラウンズ」も通算5アンダーの3位タイと好位置で決勝ラウンドに進出した。

3アンダーの4位から、遅いスタートでコンディションが難しくなる午後のラウンドとなった2日目。序盤2番(パー5)でバーディを先行させ、安定したプレーを見せた。17番をボギーとした直後の最終18番(パー5)は残り120yd強の2打目をPWでピン右奥1.5mにつけてバーディフィニッシュ。「気持ちよく終われた。ラッキーもあったけれど、ミスも“そこそこ”でとどまってくれた」と白い歯をのぞかせた。

<< 下に続く >>

1998年にプロ転向。優勝争いもここ数年で何度も経験したが、初勝利が遠い。前週も、最終日最終組では自身初となる60台(66)をマークしたが、悲願の初勝利には1ストローク届かなかった。

とはいえ、同じ苦悩を味わってきた先輩たちは少なくない。

プロ転向後、ツアー初優勝まで最も時間のかかった日本人選手は1997年「アコムインターナショナル」を制した金山和雄で、実に21年1カ月16日かかった(1973年のツアー制施行後)。一昨年の「東建ホームメイトカップ」で優勝した塚田好宣がオーストラリアでのプロ転向から19年経過したのも5番目の記録だ。

山下が今大会で優勝すると、16年7カ月1日で11番目の数字となる。

「欲張らずにコツコツと、というのが特にこの和合では大事」と山下。培ってきたものを体現するには、ここはピッタリのコースだ。(愛知県東郷町/桂川洋一)

◎プロ転向後ツアー初優勝まで長かった日本人選手

初優勝に要した年数選手名初優勝した大会
22年目金山和雄1997年「アコムインターナショナル」
21年目鈴村照男1984年「中部オープン」
橘田規1974年「中部オープン」
20年目内田繁1977年「産報クラシック」
塚田好宣2013年「東建ホームメイトカップ」
18年目鈴村久1980年「中部オープン」
野仲茂2010年「関西オープン」
平石武則2001年「久光製薬KBCオーガスタ」
内田袈裟彦1978年「ジーン・サラゼン ジュンクラシック」
17年目五十嵐雄二2009年「UBS日本ツアー選手権 宍戸ヒルズ」
山下和宏2015年???
※ 1973年ツアー制施行後の記録
おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2015年 中日クラウンズ

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!