ニュース

国内男子ゴルフ日本シリーズJTカップの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼は無念の失速 「目標を高くせざるを得なくなった」

この日、東京よみうりCCを訪れた6000人超のギャラリーの一番のお目当ては、賞金王へと突き進む小田孔明と、石川遼が同組となった最終組の1組前。ムービングデーのチャージが期待された両選手だったが、石川は「73」、小田は「72」と追い上げは不発に終わった。

石川のつまづきは3番のセカンドショット。ピンまで残り150ydもPWを左に曲げて、寄らず入らずのボギーとした。「今やっているのは、左にはいかないスイング。それが出たことでズレはじめた」。

4番、7番ではショートパットを決めきれずにボギーを重ね、11番はティショット、セカンドと左に曲げてダブルボギーに天を仰いだ。

後半に3バーディを取り返したが、「今日良かったのは18番のティショットだけ」。ダウンスイングでシャフトを寝かせないことを意識していたという石川だったが、シャフトの動きに集中し過ぎて、その要因となる体の動きに注意が向かず、気がついたのは最後の最後。「体が左に流れていたことに気がついた。最後にヒントをつかめた」と、ホールアウト後は冷たい寒気をものともせず、練習場で打ち込みを敢行した。

「この3日間のつけで、目標を高くせざるを得なくなった」という石川は、前半アウトで3アンダーを目標とし、その勢いで「得意なイメージがある」というインでの5アンダーを見据えて戦う。石川の今季最終ラウンド、前半9ホールに集中だ。(東京都稲城市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 ゴルフ日本シリーズJTカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
2020年上半期にお届けしたさまざまなニュースの中から、もっとも読まれた記事を厳選。未曾有の事態に直面した半年間を、ランキング形式で振り返ります。1位に輝いたニュースは…?

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!