ニュース

国内男子HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP in 霞ヶ浦の最新ゴルフニュースをお届け

20歳の香妻陣一朗が首位争いへ 姉・琴乃と「上位に行ければ」

国内男子ツアー「HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP in 霞ヶ浦」の2日目を終えて、20歳の香妻陣一朗が首位争いに名乗りを上げた。8バーディ、3ボギー「66」でプレーし、通算8アンダーは首位と2打差。14位から5位にジャンプアップし、上位で決勝ラウンドに駒を進めた。

2012年にプロ転向。昨年末のファイナルQTを6位で通過し、今季ツアー出場権をつかんだ。中盤戦までは予選落ちも重ねたが、10月に入ってからは出場4試合すべてで予選通過。前週「マイナビABCチャンピオンシップ」初日は自身初の首位スタートを切るなど、「最近はティショットが安定してきた」という手応えを好スコアに結びつけている。

<< 下に続く >>

前週の失速(最終的に41位タイ)については「トップのスコアを気にせず、“自分が打たないように”と思っていた」ことを反省。「上を見ながらトップを追いかけていきたい」と、今週は目線を下げず、貪欲に首位の背中を追い続ける。この日はパットも好調。予選ラウンド2日間の平均パット数1.5357は、95人の出場選手中2位という堂々の数字だ。

2つ年上の姉で、女子プロゴルファーの香妻琴乃は、今週開催の国内女子ツアー「ミズノクラシック」初日を終えて4位タイの好スタートを切った。「ゴルフのことは、ほとんど話さない」というが、この日のスタート前には女子ツアーの途中経過を確認。最近の姉の活躍は、自身を鼓舞する好材料でもある。「2人で優勝? 上位にいければいいと思います」と表情を緩ませた。(茨城県美浦村/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP in 霞ヶ浦




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
`2020年 ニュースランキング
2020年上半期にお届けしたさまざまなニュースの中から、もっとも読まれた記事を厳選。未曾有の事態に直面した半年間を、ランキング形式で振り返ります。1位に輝いたニュースは…?

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!