ニュース

国内男子seven dreamers challenge in Yonehara GCの最新ゴルフニュースをお届け

稲森佑貴 10代同士のプレーオフを制しチャレンジ初優勝

国内男子チャレンジツアー「seven dreamers challenge in Yonehara GC」の最終日は、18歳の和田章太郎と19歳の稲森佑貴が、通算12アンダーの首位に並んでホールアウト。フレッシュな10代同士のプレーオフにもつれこみ、1ホール目(18番パー5)でバーディを奪った稲森が同ツアー初優勝を飾った。

稲森は2011年に初めて受けたプロテストで1発合格を果たし、国内男子ツアー史上最年少となる16歳でプロライセンスを手に。以降はチャレンジツアーで何回も優勝争いを演じ続け、重ねてきた惜敗がようやく実を結んだ。

<< 下に続く >>

一方の和田は、この日9バーディ、ノーボギーの大爆発。32位から一気にプレーオフの権利を掴んだが、惜しくも初優勝はならなかった。昨年の「日本ジュニア」優勝を経て、今年プロの世界に飛び込んだルーキー。今後も注目の存在となりそうだ。

通算11アンダーの3位に甲斐慎太郎。単独首位から出た北村晃一は「69」と3つ伸ばすに留まり、通算10アンダーの4位に終わった。

<上位の成績>
順位/スコア/選手名
優勝/-12/稲森佑貴
2/-12/和田章太郎
3/-11/甲斐慎太郎
4T/-10/大槻智春河合庄司北村晃一

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 seven dreamers challenge in Yonehara GC




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!