ニュース

国内男子アールズエバーラスティングKBCオーガスタゴルフトーナメント の最新ゴルフニュースをお届け

広島に恩返しを 竹谷佳孝が喪章をつけて今季2勝目に挑む

2014/08/30 18:52


今季の国内メジャー第2戦「日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills」でツアー初優勝を飾った竹谷佳孝が、「アールズエバーラスティングKBCオーガスタゴルフトーナメント」の3日目を終えて、首位と2打差の通算9アンダー3位タイに浮上した。

「今日は70点ぐらいですね。パターが入ってくれたけど、あとは全然ダメでした。アプローチとパターでしのげた感じです。ショットがまだ手探りな状態なので」。ホールアウト後、3位タイという好位置にもかかわらず、ゴルフの内容には不満ばかりが口をついた。

しかし、先日、広島県を襲った土砂災害の件に触れると、話す言葉に熱がこもり始めた。「なにかしたいと思っています。谷原さんや河井さんと相談して。今後は、チャレンジに出場している広島出身のプロにも声をかければ賛同してくれると思う」。竹谷は山口県出身だが、高校卒業後に広島県内のゴルフ場で研修生をしていた。縁が深い広島県の災害に対し、同県出身選手たちと同じように、喪章をつけてラウンドをしている。

谷原らは帽子につけているので目に留まりやすいが、竹谷はパンツの腰部分。「僕はサンバイザー派なので。クリップで留めると、布がパタパタと頭に当たるので腰につけさせてもらっています。まだ、どういう形で貢献できるかわかりませんが、この試合でどうこうではなく、個人でなにかするよりも、全体、もしくはJGTOを通してでも何かやりたいと思っています」。喪章に込める思いは熱い。

首位と2打差で迎える最終日。「チャンスはあると思っています。何打差あろうと、上が何人いようと。明日、気持ちをどんだけ強く持てるかでチャンスはあると思っています」。自分の力を信じ、気持ちを強く持ち、逆転優勝で被災地に勇気を届けたい。(福岡県糸島市/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 アールズエバーラスティングKBCオーガスタゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!