ニュース

国内男子カシオワールドオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

現役最長18年連続シードへ…手嶋多一「それは言わないで!」

2013/11/28 19:38


2007年の「カシオワールドオープンゴルフトーナメント」を制した手嶋多一は、それから6年経った今大会に、現役最長となる18年連続の賞金シードを賭けている。先週を終えて賞金ランキング68位と、シード獲得となる70位(出場義務試合数に満たないルーク・ドナルドブレンダン・ジョーンズを除くと実質72位)圏内につけているが、決して安心できる状況ではない。

大会初日に2アンダー2位タイの好スタートを切ったが、「予選落ちしたらどうなるか分からないからドキドキですよ」と、穏やかならざる心中を告白した。

<< 下に続く >>

「6年前に優勝しているし、なんとなく落ち着いてできている」と、強風の難コンディションにも3バーディ1ボギーという波のないラウンド。「ピンチでも焦らずできた。ボギーは3パットの1回だけ」と、まずは無難な初日に胸を撫で下ろす。

だが、連続シードの話になるとやはりテンションは上がってしまう。「そういうのがプレッシャーになるんです」とおどけたのは、半分以上本気だろう。「もちろん(連続シードへの)思いはあります。幸い、(生涯獲得賞金)25位以内という特別シードはあるけど、使いたくない気持ちがある。だからあと3日間、頑張りますよ」。

徐々に賞金シード獲得の道のりは険しくなってきているが、「それは単純に年ですよ。前みたいに体も動かないし」と、戦っているのは年齢の壁。45歳の静かな挑戦はどういう結末を迎えるか。(高知県芸西村/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 カシオワールドオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!