ニュース

国内男子ANAオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

松山英樹 渡米前最終戦「この試合は大事」

2013/09/18 17:13


国内男子ツアーの「ANAオープン」は19日(木)から4日間、北海道の札幌ゴルフ倶楽部 輪厚コースで開幕する。2週後に世界選抜チームの一員として「プレジデンツカップ」に出場し、その後、米ツアーに本格参戦する松山英樹は、今大会を終えると再び日本ツアーを留守にすることになる。

今季米ツアー7試合の出場で、来季のシード権を獲得したのは8月のこと。スケジュールの改変により、米国の来シーズンはプレジデンツカップ翌週の「フライズ・ドットコム・オープン」で開幕する。松山は続く「シュライナーズホスピタル for チルドレンオープン」直後はアジアへと渡り、「CIMBクラシック」(マレーシア)、「WGC HSBCチャンピオンズ」(中国)と連戦を戦う予定となっている。

次に国内ツアーに参戦するのは11月となる見通し。だからこそ、今季すでに3勝を挙げ、賞金王への道を突き進んではいるが、今週の北の大地での戦いには気合が入る。「(賞金レースで)良い位置にいるので、賞金を加算して(後続の選手に)抜かれないように。プレジデンツカップの前だし、弾みを付けたい。そのためにもこの試合は大事」

開幕前日の18日(水)のプロアマ戦を含め、事前練習では新しいドライバーのシャフト(
グラファイトデザイン ツアーAD MTシリーズ)をチェンジ。「明日の朝の練習を見て、判断する」と前向きな様子もうかがえた。

調子は「良くなったかなとは思ったけれど、分からない。アイアンはボチボチ…ドライバーとパターは試合になってみないと」という状態。それでも「(優勝した)フジサンケイの時よりは良くなっている」という言葉が、やはり力強かった。(北海道北広島市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 ANAオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。