ニュース

国内男子フジサンケイクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

片岡大育がエース!3打差15位タイで決勝へ

2013/09/06 18:55


山梨県の富士桜カントリー倶楽部で開催中の国内男子ツアー「フジサンケイクラシック」初日。片岡大育がホールインワンを含む「68」(パー71)で回り通算3アンダーの15位タイに浮上した。

出だし3ホールで5メートル前後のバーディチャンスを逃し続けた片岡は、続く4番(パー3)でその瞬間を迎えた。通常よりも前方のティグラウンドを使用した160ヤード。8番アイアンでのティショットは、3バウンドしてカップに消えた。「7番と迷って、8番でしっかり打っていこうと思ったら入っちゃいました。めちゃめちゃ嬉しかったです」。13歳でゴルフをはじめ、キャリアで最初のエースは昨年のプライベートラウンド。もちろん試合では初めての一発を喜んだ。

<< 下に続く >>

試合出場、そしてシード権を求めて転戦を続ける24歳は今季アジアンツアー6試合、日本のレギュラーツアー9試合、チャレンジツアー3試合に出場とフル稼働。次週は台湾での試合(アジアンツアー)が控えるが「優勝を目指してやっている。日本のシード獲得をまず最低条件で狙っている。優勝を狙いながら、結果的にシードを取れているというのがいい」と目論む。

トップとは3打差で迎える週末。まずはムービングデーも上位に食らいつきたい。(山梨県富士河口湖町/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 フジサンケイクラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!