ニュース

国内男子関西オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

ツアー初参戦Vを狙え!日本アマ王者・大堀裕次郎の快進撃

国内男子ツアー「関西オープン」の2日目、多くのプロゴルファーを差し置いてリーダーズボードの一番上に名前を掲げたのは、この試合がプロトーナメント初挑戦となる大堀裕次郎(大阪学院大4年)だ。

初日に3アンダー8位タイにつけた大堀は「自分の順位は気にせず一打一打に集中しようと思ったので」とスコアボードは見ずにプレーを続けた。首位に立ったことは、ホールアウト後、アテストの際に周囲の関係者に教えられて知った。

1番スタートの前半に2つのバーディを奪うと、11番パー5では2メートルを沈めて3つ目。16番でティショットを右の林の打ち込みピンチに陥ったが、2打目地点で冷静に状況を見定め、生い茂る枝と枝の間に隙間があるのを確認。残り125ヤードを52度のウェッジで振り切り、ピン横2メートルにつけて4つ目のバーディをもぎ取った。

さらに17番パー5は2オンを狙った2打目がバンカーに捕まったが、3打目をピン奥2.5メートルに寄せて連続バーディ。この時点で2位との差を3打差まで広げた。

しかし、快調にスコアを伸ばしていた大堀に最後の試練が訪れる。「15番ぐらいから疲れが出始めました。今日はスタートが遅かったので、朝もダラダラと寝てしまったので」と話す21歳は、18番のティショットをフェアウェイ左サイドに池に入れ、ボギーフィニッシュとなった。

「ショットは2日間、本当によくないんですよね。スタンスが左に向きすぎて、ボールの位置が内側に寄ってきてフェードを打ちたいのに、ドローになる逆球がでるんです。18番とか、絶対に池に入れちゃだめですよね」と、反省をする大堀。

大会前には目標を「ローアマ獲得」としていたが、初日を終えて師匠の湯原信光に訂正させられ「優勝“も”目指す」に切り替えている。10月から始まるクオリファイ(QT)でプロの道への挑戦をする予定だが、関係者からは「これで優勝したら、QTは関係無くなるよ」とあおる言葉もかけられ「そうなったらいいですね」とニヤリ。少しずつ欲が出始めた。(兵庫県三木市/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 関西オープンゴルフ選手権競技

GDOアマチュアゴルフトーナメント

エントリー受付け中!2013 GDOアマチュアゴルフトーナメント
5クラスからレベルに応じて選べる個人戦、気の合う仲間と楽しく参加できるチーム戦、息の合ったチームワークが鍵となるペア戦、それぞれエントリーを受付け中!他にも世界大会出場ペア決定予選会や競技初心者向けイベントなどを開催いたします。



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。