ニュース

国内男子日本ゴルフツアー選手権 Shishido Hillsの最新ゴルフニュースをお届け

松山英樹「体調は・・・でも見せ場は作る!」

昨日「全米オープン」から帰国した松山英樹が翌19日(水)、今週の「日本ゴルフツアー選手権 Shishido Hills」出場に向けて宍戸ヒルズCCに現れた。海外メジャーで決勝ラウンドに進出したことでプロアマ戦は免除され、11時にコース入りすると、練習場での打ち込みと、パッティングを入念に行い、14時30分まで練習を行った。

会場に姿を見せた松山に対し、他のプロや多くの関係者から「お帰り、頑張ったね」と声をかけられると、「ありがとうございます」と笑顔で会釈して回った。パッティンググリーン上では、共に「全米オープン」で戦った上田諭尉から、今回の渡米での体験談などを語り合っていた。

疲れた表情を浮かべることが無かったが、練習後の記者会見で「体調は万全というわけではないです。時差ぼけが少しあるので・・・」と漏らす。全米への渡米時には「時差ぼけは問題ないです」と話していたが、試合の疲れもあって寝不足になっているようだ。

予選ラウンドで、大学の先輩でディフェンディングチャンピオンの藤本佳則、同い年の石川遼とラウンドすることに対しては「まったく気にしていません」と話す松山。コースに対しては「ラフだとボールが芝の上に浮いた状態で止まることもあるので、その辺は朝から調整して対応していきたい」と対策を話すが、練習ラウンドは3週前の「ダイヤモンドカップゴルフ」終了後に行った1回だけということで「少し不安はあります」と正直に明かす。

それでも、多くのギャラリーの来場が予想されることに「なんとか、見せ場は作れるように頑張ります」。高い目標は掲げず、静かに「ダイヤモンド-」に続く2試合連続優勝を狙う。(茨城県笠間市/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 日本ゴルフツアー選手権 Shishido Hills




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。